「不倫」と「浮気」


浮気も不倫も、パートナーがありながら他の異性にひかれ関係をもつことをいう。両者に厳密な意味の違いはないが、一般的には次のような区別がされている。

不倫は結婚している場合のみ使い、浮気は婚姻の有無は問わず、恋人関係であっても使う。
不倫は肉体関係がある場合に使い、浮気は肉体関係がなくても使う。
不倫は継続的な関係のみ使い、浮気は一時的な関係であっても使う。
「軽い遊びのつもり」という意味で「軽い浮気のつもり」とは言うが、「軽い不倫のつもり」とは言わない。

不倫の使われる範囲が限定的であるのに対し、浮気は広い意味で使われていることが分かる。
このような区別は、それぞれの言葉本来の意味が関係している。

不倫の「倫」は、倫理の「倫」と同じ「人の守るべき道」という意味で、不倫は「人の道にそむく」というのが本来の意味。
古くは、道徳に外れることを広く意味したが、戦前から「道徳的に許されない恋愛」の意味でも使われ始めた。
道徳に外れる行為は「重い罪をおかすこと」という認識があるため、不倫は婚姻関係にありながら、他の異性と継続的な肉体関係を続けるという、浮気よりも限定的な意味で使われる。

一方の浮気は、「心が浮ついて移りやすいこと」の意味で、「行為」よりも「気持ちの動き」が中心となる。
不倫のように道徳的な意味も含まないため、婚姻の有無や肉体関係の有無、関係をもった期間などは重視されず、気持ちが一瞬他へ移っただけでも使われる。
また、「他の店に浮気してた」といった表現もされるように、男女関係に限らず使われる言葉である。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「おはぎ」と「ぼたもち」

  2. 「思う」と「想う」

  3. 「目的」と「目標」

  4. 「伯母」「叔母」「小母」

  5. 「口紅」「グロス」「ルージュ」「リップ」

  6. 「召集」と「招集」

  7. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」

  8. 「暖かい」と「温かい」

  9. 「夫」「主人」「旦那」「亭主」

  10. 「モツ」と「ホルモン」

おすすめ

  1. 「広島原爆」と「長崎原爆」

  2. 「夜更け」「未明」「夜中」「真夜中」「深夜」「夜半」

  3. 「夫婦」と「夫妻」

  4. 「伯父」「叔父」「小父」

  5. 「森」「林」「森林」

  6. 「表す」「現す」「顕す」「著す」

  7. 「絶対」と「絶体」

  8. 「登山」「トレッキング」「ハイキング」

  9. 「回答」と「解答」

  10. 「退社」と「退勤」

TOP