「おざなり」と「なおざり」


「おざなり」と「なおざり」は、「いい加減に対処する」という意味では同じだが、着手の有無に違いがある。

おざなりは、江戸時代の幇間や芸者衆が、客によって扱いを変えたり、形ばかりの取り繕った言動をいった隠語。
そこから、その場しのぎで済ませることや、いい加減に物事を済ませることを表す。

なおざりは「気に留めない」が原義の言葉で、何もせずおろそかにしておくこと、成り行き任せにしておくことを表す。

おざなりは、物事に着手はしているが、その場だけの間に合わせの時に用いる言葉で、「いい加減」なのは「着手の仕方」である。
なおざりは、物事に着手もしないで放置しておいたり、真剣に取り組もうとしなさまに用いる言葉で、「いい加減」なのは「物事に対する姿勢」である。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「長い」と「永い」

  2. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」

  3. 「辞任」「辞職」「退任」「退職」

  4. 「異常」と「異状」

  5. 「押さえる」と「抑える」

  6. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」

  7. 「召集」と「招集」

  8. 「交代」と「交替」

  9. 「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」

  10. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」

おすすめ

  1. 「アヤメ」「ショウブ」「カキツバタ」

  2. 「ZERO(ゼロ)」と「零(れい)」

  3. 「オペラ」「オペレッタ」「ミュージカル」

  4. 「幼稚園」「保育園」「保育所」「託児所」

  5. 「重体」「重傷」「軽傷」

  6. 「延期」「順延」「延長」

  7. 「寿司」「鮨」「鮓」

  8. 「帰省」「帰郷」「里帰り」

  9. 「召集」と「招集」

  10. 「焼く」「炒める」「炒る」

TOP