「ニホン」と「ニッポン」


国名「日本」の読み方には、「ニホン」と「ニッポン」がある。
昭和9年に正式な呼称を「ニッポン」とする「国号呼称統一案」が発表されたが採択にはいたらず、正式な国の呼称は「ニホン」でも「ニッポン」でも正しいとされている。
日本放送協会(NHK)では、正式な国号として使う場合は「ニッポン」、そのほかの場合は「ニホン」と言ってもよいとしている。

「日本」は「日の本」の意味で、大化の改新の頃には「日本」の表記がある。
当時の読みは「ヒノモト」と、昔の国号「大和」を引き継いだ「ヤマト」で、「ニッポン」と音読されるようになったのは奈良時代以降。
この「ニッポン」という読みは、呉音読み「ニチホン」が音変化したものである。

「ニホン」は「ニッポン」よりも後に生まれた読み方で、「ニホン」と読まれるようになった理由は定かではない。
通説としては、平安時代にひらがなが生まれたが、当初、ひらがなには促音や半濁音の表記がなかったため、「にっぽん」に含まれる促音の「っ」が抜け、半濁音の「ぽ」が「ほ」になって、「にほん」と読むようになったといわれる。

関連リンク

ランダム 今見られているページ
  1. 「材料」「原料」「原材料」「素材」「資材」

  2. 「ゆっくり」と「のんびり」

  3. 「大笑い」「爆笑」「哄笑」「バカ笑い」「高笑い」

  4. 「想像」「空想」「夢想」「妄想」「幻想」

  5. 「セメント」「コンクリート」「モルタル」「アスファルト」

  1. 「退職願」「退職届」「辞表」

  2. 「足」「脚」「肢」

  3. 「しらたき」と「糸こんにゃく」

  4. 「元日」「元旦」「正月」

  5. 「暖かい」と「温かい」

  6. 「生誕」と「誕生」

  7. 「戦略」と「戦術」

  8. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」

  9. 「不倫」と「浮気」

  10. 「重体」「重傷」「軽傷」

おすすめ

  1. 「冒険」「探検」「探険」

  2. 「分かる」「解る」「判る」

  3. 「延期」「順延」「延長」

  4. 「感心」と「関心」

  5. 「夜更け」「未明」「夜中」「真夜中」「深夜」「夜半」

  6. 「配布」と「配付」

  7. 「カヌー」と「カヤック」

  8. 「悲しい」と「哀しい」

  9. 「言い訳」「申し訳」「弁解」「弁明」「釈明」

  10. 「朝令暮改」と「朝三暮四」

TOP