「餃子の王将」と「大阪王将」「餃子の王さま」の違い

餃子の王さまの看板画像

「餃子の王将」と「大阪王将」と「餃子の王さま」は、餃子を看板メニューにする中華料理店で、名前も似ているが、それぞれの経営母体は異なる。

餃子の王将は、株式会社王将フードサービスが、京阪神地区を中心に全国展開する中華料理チェーン。
創業は1967年、1号店は京都四条大宮。
本社は、京都府京都市山科区。

大阪王将は、イートアンド株式会社が、大阪を中心に全国展開する中華料理チェーン。
創業は1969年、1号店は大阪市都島区京橋(本店は道頓堀)。
本社は、東京都港区。

元々、大阪王将は、餃子の王将の創業者の親類が、のれん分けという形で独立したもので、当初は「餃子の王将」という名前であった。
その後、「大阪王将食品」として法人化し、チェーン展開を進めていったが、本家「餃子の王将」が拠点としている京都にまで進出したため、本家側から「王将」の名を使用をしないよう裁判を起こされた。
その結果、「餃子の」は使わないが「王将」を残すという形で和解し、「大阪王将」になったのである。
しかし、一般には「王将で餃子を食べた」と言っても、「餃子の王将」か「大阪王将」か分かりづらいため、「京都王将」と「大阪王将」と呼び分けられることが多い。

餃子の王さまは、2代目店主の佐々木正寿さんが経営する中華料理店。
「餃子の王将」のパクリとも思える店名だが、創業は1954年で、餃子の王さまの方が古い。
店舗数は、東京都台東区浅草の一店である。

それぞれ、メニューや味、店の雰囲気など様々な違いがあるが、外観での見分け方は看板。
餃子の王将の看板は、白と赤を中心にした配色で、白い「王将」の文字が赤・黄・オレンジ・緑で囲われている。
大阪王将の看板は、大阪城をイメージした絵の中心に「王将」の文字が入っている。
餃子の王さまは、黄色に黒文字で店名が書かれただけの、非常にシンプルな看板である。

関連記事

  1. 絶対にできる画像
    絶対と絶体は、全く意味の異なる言葉。 「ぜったいぜつめい」は「絶体絶命」としか表記しないが、「絶体…
  2. パートで働く人の画像
    パートとアルバイトは、法律上は名称による区別がされておらず、パートタイム労働法では「1週間の所定労働…
  3. 手錠の画像
    自首とは、犯罪事実や犯人が誰かわかっていない段階で、犯人自ら捜査機関に対して犯罪事実を申告し、処分を…
  1. 竹を食べるパンダの画像
    竹も笹もイネ科タケ亜科に属する植物で、一般には、大型のものを「竹」、小型のものを「笹」と呼ぶ。 竹…
  2. 金粉で表現する画像
    表す(表わす)は、表に出して示す、表現する、表明するという意味。 使い方には、「気持ちを表す」「文…
  3. 油の画像
    油は「氵(さんずい)」が付いているように液体で、植物性・鉱物性のあぶらを表す。 脂は「月(にくづき…
  4. パンケーキの画像
    パンケーキの「パン」は、フライパンなど、底が平らで取っ手のついた鍋のことで、パンケーキはフライパンな…
  5. 人と水の性質画像
    性格とは、人や犬・猫などの高等動物にみられる特有の感情や意思の傾向のこと。 また、事物にきわだって…
ページ上部へ戻る