「餃子の王将」と「大阪王将」「餃子の王さま」の違い

餃子の王さまの看板画像

「餃子の王将」と「大阪王将」と「餃子の王さま」は、餃子を看板メニューにする中華料理店で、名前も似ているが、それぞれの経営母体は異なる。

餃子の王将は、株式会社王将フードサービスが、京阪神地区を中心に全国展開する中華料理チェーン。
創業は1967年、1号店は京都四条大宮。
本社は、京都府京都市山科区。

大阪王将は、イートアンド株式会社が、大阪を中心に全国展開する中華料理チェーン。
創業は1969年、1号店は大阪市都島区京橋(本店は道頓堀)。
本社は、東京都港区。

元々、大阪王将は、餃子の王将の創業者の親類が、のれん分けという形で独立したもので、当初は「餃子の王将」という名前であった。
その後、「大阪王将食品」として法人化し、チェーン展開を進めていったが、本家「餃子の王将」が拠点としている京都にまで進出したため、本家側から「王将」の名を使用をしないよう裁判を起こされた。
その結果、「餃子の」は使わないが「王将」を残すという形で和解し、「大阪王将」になったのである。
しかし、一般には「王将で餃子を食べた」と言っても、「餃子の王将」か「大阪王将」か分かりづらいため、「京都王将」と「大阪王将」と呼び分けられることが多い。

餃子の王さまは、2代目店主の佐々木正寿さんが経営する中華料理店。
「餃子の王将」のパクリとも思える店名だが、創業は1954年で、餃子の王さまの方が古い。
店舗数は、東京都台東区浅草の一店である。

それぞれ、メニューや味、店の雰囲気など様々な違いがあるが、外観での見分け方は看板。
餃子の王将の看板は、白と赤を中心にした配色で、白い「王将」の文字が赤・黄・オレンジ・緑で囲われている。
大阪王将の看板は、大阪城をイメージした絵の中心に「王将」の文字が入っている。
餃子の王さまは、黄色に黒文字で店名が書かれただけの、非常にシンプルな看板である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ヴァンパイアの画像
    吸血鬼は、人の生き血を吸うと伝えられる怪物のことで、英語では「Vampire(ヴァンパイア・バンパイ…
  2. 地震で倒壊した家の画像
    揺れの激しい地震や被害の大きい地震は、規模によって大地震・巨大地震・超巨大地震と呼び分けられる。 …
  3. 迎春の画像
    年賀状の冒頭に用いられる賀詞には、「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」などがある。 その他にも…
  1. 皮革の画像
    皮とは、「手の皮」や「みかんの皮」など、動植物の外表を覆っている膜。 「餃子の皮」や「饅頭の皮」な…
  2. レッドリボンの画像
    HIVは、「Human Immunodeficiency Virus」の略で、ヒト免疫不全ウイルスと…
  3. 書類作成の画像
    行政書士も司法書士も、公的な機関に提出する法律関係の書類作成や申請などを代行する仕事である。 …
  4. おしるこ・ぜんざいの画像
    おしるこ(お汁粉)とぜんざい(善哉)は、どちらも小豆を砂糖で甘く煮て、餅や白玉団子を入れたものだが、…
  5. 意外なことに驚く画像
    「案外」も「意外」も「存外」も「思いの外(ほか)」も、予想していたことと実情が違っていた様子を表す言…
ページ上部へ戻る