「陶器」と「磁器」の違い

磁器の花瓶画像

陶器と磁器を総称して、「陶磁器」「焼き物」「瀬戸物」「唐津物」などと呼ばれるが、陶器と磁器では製造方法に違いがあるため性質も異なり、比較的簡単に見分けることもできる。

陶器は、主な原料に陶土(粘土)を使い、1100~1300度で焼いたもので、「土物」とも呼ばれる。
十分に焼きが締まらないため、磁器に比べて柔らかく吸水性があるが、普通は、光沢のある釉(うわぐすり)を施すため、水を通すことはない。
また、陶器は熱しにくく冷めにくい(熱伝導率が低い)という特徴がある。
日本の有名な陶器には、美濃焼、瀬戸焼、唐津焼、益子焼、信楽焼、萩焼、萬古焼、備前焼などがある。

磁器は、主な原料に陶石を粉砕した石粉を使い、1300度程度で焼いたもので、「石物」とも呼ばれる。
焼きが締まってガラス化しているため、吸水性はほとんどなく、陶器に比べて硬い。
また、磁器は熱しやすく冷めやすい(熱伝導率が高い)という特徴がある。
日本の有名な磁器には、有田焼(伊万里焼)、九谷焼、砥部焼などがある。

陶器と磁器の見分け方には、色合いや透明度、叩いた時の音、重さなどがある。
陶器よりも磁器の方が透明度が高く、淡い色で透かして光を通さなければ「陶器」、白い色で光を通せば「磁器」。
叩いた時に、鈍い音がすれば「陶器」、金属的な高い音がすれば「磁器」。
厚手で重いものが「陶器」、薄手で軽いものが「磁器」である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 郵便貯金と銀行預金の画像
    金融機関にお金を預けることを「預金」「貯金」「貯蓄」などと言い、同義に扱われるが、それぞれが表す意味…
  2. 警視庁のパトカーの画像
    警視庁は、「大阪府警察本部」や「神奈川県警察本部」など都道府県に置かれる「警察本部」と同等の組織で、…
  3. 問題に頭を抱える画像
    問題と課題の違いは、「解答を求める問い」か「課する(課せられる)テーマ」かの違い。 試験問題や数学…
  1. 青ピーマン(緑ピーマン)と赤ピーマンの画像
    ピーマンは緑色の青ピーマン(緑ピーマン)が一般的だが、最近では赤色の赤ピーマンや、黄色、オレンジ色と…
  2. 酒を飲む画像
    液体には「飲む」、固体には「呑む」といわれることもあるが、飲むと呑むの使い分けは、そこまで単純ではな…
  3. 体幹トレーニングの画像
    体幹とは、頭と四肢(両手と両脚)を除いた部分。つまり、胴体ことである。 また、胴体にある筋肉のこと…
  4. ぼろ儲けする画像
    儲けると稼ぐは、利益や収入を得るという意味では共通するが、儲けるよりも稼ぐ方が地道に働くことを表す。…
  5. ピーマンとパプリカは、どちらもナス科トウガラシ属である。 植物学では、それよりも細かく、明確な分類…
ページ上部へ戻る