「一生懸命」と「一所懸命」


一生懸命と一所懸命は、命懸けで物事に取り組むことを意味するが、違いが全くないわけではない。

一所懸命の元々の意味は、中世の武士が賜った一カ所の領地を命懸けで守り、生活の頼みとすることで、「一所」は「一カ所(の領地)」を表す。
これが近世に入ってから、物事を命懸けでするという意味になったため、「一所」と「一生」が混同され、「一生懸命」という言葉が生まれた。

一生懸命は「一所懸命の誤用」とされていた時代もあったが、「一生」を使った方が「力の限り」というニュアンスが伝わりやすく、「一生懸命」の表記が圧倒的に多くなったことから、誤用という解釈はされなくなり、現在は新聞などでも「一生懸命」の表記に統一されている。

しかし、「一所懸命」を使う場面が全くなくなったわけではない。
歌舞伎の挨拶では、多くの場合「一生懸命」ではなく「一所懸命」が使われる。
歌舞伎なので古い言い方をするというのも理由の一つだが、代々伝わる屋号(一所)を命懸けで守るという意味を含んでいるためでもある。
つまり、命懸けで物事にあたることを表すのであれば「一生懸命」と書くのが一般的だが、「一カ所を守る」という本来の意味を含んで使いたい時には、「一所懸命」と書くのが正しいのである。

ちなみに、「一所懸命」の読みは「いっしょけんめい」、「一生懸命」の読みは「いっしょうけんめい」なので、漢字と読みが一致していないものは間違いとなる。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「開放」と「解放」

  2. 「午前12時」と「午後0時」

  3. 「冒険」「探検」「探険」

  4. 「取締役」「役員」「執行役員」

  5. 「分かれる」と「別れる」

  6. 「精進」と「邁進」

  7. 「遵守」と「順守」

  8. 「追求」「追及」「追究」

  9. 「臭い」「匂い」「香り」

  10. 「影」と「陰」

おすすめ

  1. 「蜃気楼」と「陽炎」

  2. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  3. 「観賞」と「鑑賞」

  4. 「おはぎ」と「ぼたもち」

  5. 「聞く」「聴く」「訊く」

  6. 「ひつじ雲」「うろこ雲」「いわし雲」

  7. 「臭い」「匂い」「香り」

  8. 「夜更け」「未明」「夜中」「真夜中」「深夜」「夜半」

  9. 「勧める」「奨める」「薦める」

  10. 「中部地方」「東海地方」「東海三県」「中京圏」

TOP