「関東雛」と「京雛」の違い

雛人形の画像

関東で作られる雛人形を「関東雛」、京都で作られる雛人形を「京雛」という。
関東雛と京雛では、顔立ちに違いがあり、雛人形を飾る際の並べ方も、男雛(お殿様)と女雛(お姫様)の座る位置が左右反対である。

顔立ちの特長として、関東雛は目が大きめで、口元がふっくらしており、優し気な表情をしているものが多い。
京雛は切れ長の目で、鼻筋が通っており、高貴で品のある表情をしているものが多く、鼻筋を中心に見ると見分けやすい。

男雛と女雛の座る位置は、関東雛では、向かって左に男雛、向かって右に女雛。
京雛では、向かって右に男雛、向かって左に女雛となっている。

日本では、古来から右よりも左の方が上位とされており、京雛は御所における玉座の位置に従い、左(向かって右)に男雛、右(向かって左)に女雛が座っている。

関東雛がその反対となっているのは、大正天皇が関係しているといわれる。
明治時代に多くの西洋文化が日本に入ったが、国際儀礼では日本とは反対で、右が上位、左が下位とされているため、大正天皇の即位の礼では、天皇陛下が洋装で皇后陛下の右に立たれた。
ここから、雛人形の座る位置も、右(向かって左)に男雛、左(向かって右)に女雛という形が、関東を中心に広がっていった。

全国的には関東雛が多いため、座り位置も向かって左に男雛という形が一般的だが、関西では京雛が多く、左右のどちらが正しいとは決まっていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 無料の画像
    無料も無償も、商品やサービスに対する料金を払わなくてよいという意味では同じだが、どちらが得かといえば…
  2. 砂・土を掘る犬の画像
    砂は、細かく砕けた岩石の粒で、地質学では粒径2mm以下、16分の1mm以上のものをいう。 サンゴや…
  3. 寄付金の画像
    寄付金(寄附金)とは、公共団体や宗教施設、学校法人などに金銭を贈ること。 災害時に寄せられる寄付金…
  1. ざるそばの画像
    江戸時代、蕎麦はつゆにつけて食べる「そばきり(蕎麦切り)」が一般的であった。 江戸中期に入ると、最…
  2. かけうどんの画像
    かけうどんとは、茹でたうどんに、熱いだし汁を掛けただけのうどんのこと。 「うどんかけ」や「かけ」と…
  3. スパークリングワインを注ぐ画像
    スパークリングワインは、炭酸ガスを多量に含んだ発泡性のワインのこと。 非発泡性ワインは、スティルワ…
  4. 女性のタトゥー画像
    入れ墨は、針や刃物で皮膚を傷つけ、そこに墨や絵の具などを入れて文字や絵画を描くこと。また、そのものを…
  5. お彼岸の画像
    春のお彼岸は、春分の日を中日とし、前後3日を合わせた7日間。 秋のお彼岸は、秋分の日を中日とし、前…
ページ上部へ戻る