「重体」と「重傷」「軽傷」の違い

事故現場の画像

ニュースでよく耳にする「重体」「重傷」「軽傷」は、治療を要する日数や症状の重さによる違いがある。

重傷は、命に別状はないが深い傷や重いケガをした場合で、全治30日以上要するものを指す。
軽傷は軽微で、全治30日未満のケガを指す。
「全治2カ月の重傷」はあっても、「全治2カ月の軽傷」はない。

「意識不明の重体」と言うように、重体は脳や内臓などに大きな損傷があるなど、重傷の中でも生死にかかわる場合に用いられる。
重体は生命の危機にあるため、「全治〇カ月の重体」とは言わない。

重傷ほどの治療期間は要しないが、軽傷と言えるほど軽くもない、重傷と軽傷の中間のケガは「中傷」という。
ただし、中傷は軽傷よりやや重い程度の症状なので、特に区別する必要ないことや、「誹謗中傷」と言うように、中傷は他人の名誉を傷つける意味の言葉であることから、ほとんどの場合は「中傷」を「軽傷」と呼んでいる。

関連記事

  1. 肛門クリニックの画像
    医療法で医療機関は、病院と診療所に分けられる。 医院やクリニックは、医療機関の施設に付けられる呼称…
  2. 絶対にできる画像
    絶対と絶体は、全く意味の異なる言葉。 「ぜったいぜつめい」は「絶体絶命」としか表記しないが、「絶体…
  3. 意志を貫く石の画像
    意思も意志も、ドイツ語で「~したい」を意味する助動詞「whollen」を名詞化した「wille」の訳…
  1. ひまわりの画像
    真夏と盛夏と盛暑は、夏の暑い盛りを表す言葉である。 最も一般的な表現で、日常会話でも使われるのが「…
  2. 郵便貯金と銀行預金の画像
    金融機関にお金を預けることを「預金」「貯金」「貯蓄」などと言い、同義に扱われるが、それぞれが表す意味…
  3. 雑煮の画像
    雑煮は、汁の仕立て方や餅の形、具材など、作り方は地域や家庭によって様々で、全国共通の認識としてあるの…
  4. 逮捕される画像
    逮捕とは、刑事事件で特定された被疑者の身柄を強制的に拘束・留置することで、通常逮捕・緊急逮捕・現行犯…
  5. 文章を書く画像
    文と文章は同じ意味で使われることもあるが、文法上の言語単位としてみた場合、文は一語以上の語からなり、…
ページ上部へ戻る