「返事」「返答」「応答」「回答」の違い

メールで返事をする画像

問いかけに対して答えることを、「返事」「返答」「応答」「回答」などという。
この中で最も幅広く使われる言葉は「返事」である。

返事は、呼びかけに対する「はい」や「いいえ」などの短い答えから、手紙・質問・依頼・招待の答えもいい、口頭の場合にも文字の場合にも使われる。

返答は、具体的な内容のある依頼や問いに対して、具体的な内容のある言葉を返すことで、主に口頭によるものである。

応答は、問いや呼びかけなどに対する答えのこと。
反応して答えるもので、口頭のほか、言葉以外の合図・信号の場合にもいう。

回答は、具体的な内容のある質問や要求に対する、具体的な内容のある答えのことで、口頭の場合も文字の場合もある。

返答と回答は、具体的な内容であることのほか、公的な改まった発言で使われることが多いという共通点もある。
しかし、回答は文書にも使え、返答よりも公的な改まった印象になるため、「誠意ある返答」と言わず「誠意ある回答」と言う。

呼びかけに対する答えの意味では、返事か応答が使われるが、管制塔からの呼びかけに対する答えなど、反応して答えることをいう場合には「応答」が使われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る