「調理」と「料理」の違い

野菜を調理し料理を作る画像

調理も料理も同じ意味で使われる言葉だが、調理よりも料理の方が意味は広い。

調理には、「物事をととのえる」「調整」といった意味もあるように、食材を加工して、食べやすくする過程。また、その行為を表す。
食材を切る、煮る、焼くといった技術・過程を指すため、料理を作る際に使用する器具は、「料理器具」ではなく「調理器具」という。

料理は、食べ物をこしらえることや、そのこしらえたもののことで、料理は調理の意味も含んだ総称である。
広い意味で解釈すれば、食事を作る前の企画の段階から出来上がりまでが「料理」といえる。
調理と料理の意味を分けて使う場合は、料理をする過程や技術が「調理」、調理して出来上がった食べ物が「料理」となる。

調理の方が「食事を作る技術」という意味合いが強いため、明確な使い分けではないが、飲食店などが大勢の人のために仕事として食事を作ることを「調理」、家族や仲間内など少人数のために食事を作ることを「料理」として分けられることもある。
ただし、「作る」という過程だけを区別したものであり、「料理屋」や「料理店」とは呼ぶが「調理屋」や「調理店」とは呼ばないように、飲食店であっても最終的に食べる人に提供されているものは「料理」である。

魚屋が魚をさばいて切り身に加工することは「調理」である。
その切り身は、食べられる状態のものだが、皿に盛り、卓に並べるといった食べる直前の状態になったものではないため、魚屋がさばいた切り身そのものは「料理」ではなく、「調理済み食材(食品)」となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 醤油を注ぐ画像
    一般的に「醤油」といえば、江戸時代以降、関東を中心に使われてきた「濃口醤油」を指し、醤油生産量の8割…
  2. 生コンの画像
    セメントは、石灰石や粘土などを焼成し、粉砕した灰白色の粉末。 無機質接着剤の総称であるが、普通、「…
  3. 最新エコカーの画像
    ハイブリッドカーの「ハイブリッド」は「混合」という意味。 ガソリンエンジンと電気モーターなど、2つ…
  1. みたらし団子の画像
    団子(だんご)は、うるち米などの穀類の粉を丸めて茹でたり蒸したりしたもの。 餅(もち)は、糯米(も…
  2. 日本で単に「鹿」という時は、シカ科シカ属のニホンジカを指す。 トナカイもシカ科の動物で鹿の仲間に違…
  3. お化けの画像
    幽霊とは、この世に未練や恨みがあって成仏できない死者が、因縁のある人の前や場所で姿を現すとされるもの…
  4. バナナを舐める女性の画像
    芭蕉もバナナも、バショウ科バショウ属に分類される大型多年草。 バナナは熱帯性のため、本州の露地では…
  5. お疲れ様と声をかける画像
    ビジネスマナーとして、目上の人や同僚に対しては「お疲れ様」を使い、「ご苦労様」は目下の相手にしか使っ…
ページ上部へ戻る