「科学」と「化学」の違い

研究画像

科学は、様々な事象を観察や実験などによって実証された体系的・法則的知識。
広義には、物理学・化学・生物学・地球科学・天文学などの自然科学、政治学・経済学・経営学・法学・社会学などの社会科学・哲学・心理学・言語学・人間科学などの人文科学の総称として用いられる。

狭義に科学は自然科学を指し、小中高の教科でいえば理科である。
その自然科学の一部門として化学があり、科学と混同を避けるため、化学は「ばけがく」とも呼ばれる。

化学は、物質の構造や性質、物質相互間の反応を研究する部門。
簡単にいえば、物質がどのような構造で出来ているか、どんな性質を持っているか、相互反応によってどう変化するかなどを研究する分野である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る