「砂」と「土」の違い

砂・土を掘る犬の画像

砂は、細かく砕けた岩石の粒で、地質学では粒径2mm以下、16分の1mm以上のものをいう。
サンゴや貝殻などの化石片を含めて「砂」ということはあるが、有機物は含まれない。
砂は保水力に乏しく、栄養もないため、砂地では植物が育ちにくい。

土は、砕けた岩石が粗い粉状になったもの、生物の死骸、落ち葉や倒木などの腐植物、微生物などを含んでいう。
含まれる成分によっても異なるが、土は砂に比べて保水力があり、有機物が含まれているため、植物が育ちやすい。
土に粒径の定義はなく、広い意味では、地面や大地なども「土」という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. しらたきの画像
    紐のように細いこんにゃくには、「しらたき(白滝)」と「糸こんにゃく(糸蒟蒻)」の呼び名がある。 色…
  2. 戦争と平和の画像
    戦争は、国家間の対立によって起こる軍事力を用いた戦闘行為、及び、その状態。 比喩として、「受験戦争…
  3. 薬用ハンドクリームの画像
    薬事法では、薬や化粧品を「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3種類に分類・定義している。 医薬…
  1. 診察の画像
    検診は、病気であるか否かを調べるために行う検査・診察のこと。 「がん検診」や「歯科検診」など、特定…
  2. 人魚の画像
    人魚は上半身は人間の女性の形をしているが、下半身は魚の形をしている。 鬼は体は人間の形をしているが…
  3. 欲深い人の画像
    欲張りとは、欲が深いこと。また、そのような人のことで、貪欲や強欲よりも日常的に使われる。 貪欲…
  4. 会話の画像
    会話とは、二人以上の人が集まって互いに話すこと。また、その内容のこと。 日常生活における話のやり取…
  5. トイレを我慢する画像
    「おさえる」の漢字には、「押さえる」と「抑える」がある。 敵の侵入を防ぐ場合、侵入を食い止めるとい…
ページ上部へ戻る