「無料」と「無償」の違い

無料の画像

無料も無償も、商品やサービスに対する料金を払わなくてよいという意味では同じだが、どちらが得かといえば、無償の方が得である。

無料には、料金を払う必要がないという意味しかなく、無条件ということではない。
裏を返せば、料金を必要としない代わりに、会員登録をしたり、商品のレビューを書くなど、料金以外の対価を求められる可能性もあるのが無料である。

無償は、「無償の愛」や「無償の奉仕」といった言葉もあるように、一切の見返りを求めないこと。
料金が必要ないだけではなく、会員登録や商品レビューなど、相当する見返りも求められないのが無償である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ヘッドスパトリートメントの画像
    リンス・コンディショナー・トリートメントの定義は統一されておらず、メーカーによって異なるため、商品ご…
  2. 公演前の画像
    上演は、主に演劇を舞台で演じることに用いられるが、公演は、演劇以外にも広いジャンルで用いられ、音楽コ…
  3. 倒れる女性の画像
    日射病は、強い直射日光に長時間当たることで発生する病気。 大量の汗をかいて脱水症状となり、体温調節…
  1. 気仙沼の鮨智の寿司画像
    すしの漢字には「寿司」と「鮨」と「鮓」がある。 最も古い表記は「鮓」で、元々は塩や糟などに漬け…
  2. 警視庁のパトカーの画像
    警視庁は、「大阪府警察本部」や「神奈川県警察本部」など都道府県に置かれる「警察本部」と同等の組織で、…
  3. 人が分かれる画像
    分かれると別れるは、共に「わかれる」と読み、「離れる」という意味においては同じで語源も同じだが、わか…
  4. 債務を弁済する画像
    弁済も返済も、借りた金品を返すことで、一般に使われる意味では両者に違いはない。 しかし、返済は法律…
  5. 部屋の照明画像
    LED電球や蛍光灯の色には、「昼光色」「昼白色」「白色」「温白色」「電球色」があり、主に使われるのは…
ページ上部へ戻る