「楽しい」と「面白い」の違い

楽しいイメージの画像

「楽しい」よりも「面白い」の方が意味に幅があり、様々な解釈ができる。
また、意味が共通する点もあるが、ニュアンスには違いがある。

楽しいの意味は、心が満ち足りて、愉快な気持ちである。豊かである。
面白いの意味には、こっけいで笑いたくなる。愉快である。楽しい。気分が晴れ晴れする。一風変わっていて珍しい。心がひかれる。趣深いなどがある。

「楽しい人」といった場合は、おかしくて笑いを誘うような人、滑稽な人、心が満ち足りて快くなる人という意味を表す。
「面白い人」といった場合は、「楽しい人」が表す意味のほかに、かわっていて珍しい人、心がひかれる人、興味深い人などの意味も表す。

このように面白いの方が意味に幅があるが、楽しいと共通しているところもある。
しかし、共通する意味の中でも、持続性の感情を表すのか一過性の感情を表すのかという違がある。

楽しいは、この気持ちをできれば続けたいという持続性のある感情で、「一緒にいて楽しい人」といえば、この関係をいつまでも続けたいという気持ちも含まれる。
面白いは一過性の感情で、「一緒にいて面白い人」といえば、ある一瞬・一時的に快い気持ちになれる人を意味し、「面白い」だけでこの関係を続けたいという気持ちを表すことはできない。

「楽しい出来事」と「面白い出来事」の場合でも、できれば続いて欲しいと思える出来事だったのか、瞬間的に快いと思った出来事だったのかという点で使い分けられ、持続性と一過性の違いといえる。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  1. 初夏の画像
  2. 利息を数える画像
  3. ゴルフ場の画像
  4. 名古屋の画像
  5. 気仙沼港
  6. 長崎原爆のキノコ雲画像
  1. 神楽坂の路地画像
  2. 三人家族の画像
  3. 総理の画像
  4. 発毛のビフォーアフター画像
  5. 落花生の画像
  6. 津波で流された家の画像
ページ上部へ戻る