「寂しい」と「淋しい」


「寂しい」は客観的な情景を表し、「淋しい」は主観的な悲しい気持ちを表すなど、意味によって使い分けが必要と言われることがある。
しかし、上記のような使い分けは、人それぞれが持つ漢字のイメージによるもので、「寂しい」と「淋しい」の使い分け方が明確になっているわけではないため、意味によって使い分けしても、それが相手に伝わるとは限らない。

「さみしい」は「さびしい」が音変化したもので、読みによる意味の違いもない。
そのため、読み方によって「寂しい」と「淋しい」が使い分けられることもない。

「寂しい」と「淋しい」の決定的な違いは、常用漢字か表外漢字の違いである。
公用文・教科書・新聞などでは、常用漢字の「寂しい」が使われ、表外漢字の「淋しい」は使われない。
ただし、「淋しい」も古くから使われている表記で、現在も一般にはよく使われている。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「変わる」「代わる」「替わる」「換わる」

  2. 「始末書」と「顛末書」

  3. 「聞く」「聴く」「訊く」

  4. 「越える」と「超える」

  5. 「共同」「協同」「協働」

  6. 「退職願」「退職届」「辞表」

  7. 「生誕」と「誕生」

  8. 「鷹(タカ)」「鷲(ワシ)」「鳶(トビ)」

  9. 「ねじ」「ボルト」「ビス」「釘」

  10. 「同居」「同棲」「内縁」

おすすめ

  1. 「専修学校」「専門学校」「各種学校」

  2. 「抗菌」「除菌」「殺菌」「滅菌」「消毒」

  3. 「寂しい」と「淋しい」

  4. 「ラムネ」「サイダー」「ソーダ」

  5. 「特徴」と「特長」

  6. 「絶対」と「絶体」

  7. 「押さえる」と「抑える」

  8. 「押印」「捺印」「押捺」

  9. 「野菜」と「果物」

  10. 「食料」と「食糧」

TOP