「校正」と「校閲」の違い

校正の画像

校正と校閲は、文章などの誤りを直し正すことだが、それぞれ作業のポイントとなる点は異なる。

校正とは、誤字や脱字など文字の誤りを正すこと。
また、印刷物の仮刷りと原稿を比べ合わせ、誤植や体裁の誤りを正すことをいう。
「謝りを正す」を「誤りを正す」に修正したり、「柿」を「姉」に修正する作業や、各媒体で決められた表記ルールに従っているかといったチェックを行うのが、校正の仕事である。

校閲とは、文書や原稿などを読み、内容の正誤や適否を確認する作業のこと。
内容の矛盾や表現の誤り、事実関係の誤りなど、原稿の内容に間違いがないか確かめるのが、校閲の仕事である。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る