「最近」「近頃」「この頃」「昨今」の違い

砂時計と日記の画像

近い過去から現在までの期間を意味する言葉には、「最近」「近頃」「この頃」「昨今」などあるが、同じように使える場合と使えない場合があるので使い分けが必要である。

「昨今」は文章語なので、硬い口調で古い印象を与える場面であれば会話の中でも使えるが、ふつうの会話の中では「最近」「近頃」「この頃」が使われる。

「―流行っている」のように、近い過去から現在まで継続している事柄については、「最近」「近頃」「この頃」「昨今」の全て使うことができるが、時間的な幅に違いがある。

時間的な幅が広い事柄にも使えるのは「最近」「近頃」「昨今」で、最も時間幅が広いのは「最近」、その次に「近頃」「昨今」となる。
「この頃」は少し前から今までを表すため、「―の若者は…」のようにやや長い期間を表す場合には使いにくい。

「彼に会ったのは最近だ」のように、過去のある一時点、一度限りのことについていう場合に、「この頃」「昨今」は使えない。
「彼に会ったのは近頃のことだ」のように「のこと」を付け加えれば「近頃」も使えるが、「最近」の方が自然である。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る