「暖かい」と「温かい」の違い

暖かい部屋と温かい飲み物の画像

「暖かい」と「温かい」の使い分け方は、「暑い」と「熱い」の使い分けと似ている。
気温や気候が、寒すぎず暑すぎもせず、程よいさまを表す際には「暖かい」と書く。
物の温度や体温が、冷たすぎず熱すぎもせず、程よいさまを表す際には「温かい」と書く。
つまり、体全体で感じることには「暖かい」を使い、対義語は「寒い」。
手や舌など体の部分や、心で感じることには「温かい」を使い、対義語は「冷たい」になるのである。

「あたたかいもてなし」や「あたたかい眼差し」のように、愛情や思いやりなどがあって感じがよいことを表す「あたたかい」は、「心」のあたたかさをいうため「温かい」を使い、熟語では「温情」や「温和」が当てはまる。
「暖かいもてなし」「暖かい眼差し」の反対表現は、「冷たいもてなし」や「冷たい眼差し」になる。

赤色・黄色・オレンジ色などをいう時の「あたたかい色」は、視覚から体全体があたたまる印象を受けるものなので、「暖かい色」と書き、対義語は「寒い色」。
熟語では「暖色」、対義語は「寒色」である。

「懐があたたかい」のように、金銭が十分にあることを表す「あたたかい」も、経済的に豊かで体全体があたたまるようなことをいうため、「暖かい」と書き、反対は「懐が寒い」になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 土蔵と合掌造りの画像
    物を保管する建物の「くら」には、「倉」「蔵」「庫」の三種類の漢字表記がある。 元々の意味を辿る…
  2. 刀を持つおじさんの画像
    おじさんの漢字表記には、「伯父さん」「叔父さん」「小父さん」がある。 いずれも同源だが、対象が違え…
  3. 青森ねぶたの画像
    ねぶたは青森市で、ねぷたは弘前市と言われることがある。 ねぶたで有名なのが青森市の「青森ねぶた」、…
  1. 富士山から見る初日の出画像
    ご来光は、高山で望む荘厳な日の出のこと。 初日の出は、元日の日の出のこと。 日の出が話題にな…
  2. 女性のタトゥー画像
    入れ墨は、針や刃物で皮膚を傷つけ、そこに墨や絵の具などを入れて文字や絵画を描くこと。また、そのものを…
  3. 成長する子供と生長する草の画像
    成長は、「成長期の子供」「成長した犬」「成長株」「高度経済成長」など、人や動物が育って大きくなる意味…
  4. 節分の赤鬼と青鬼画像
    節分には、鬼に豆をぶつける「豆まき」の行事が行われる。 鬼の色は、赤色や青色が一般的だが、他に、黄…
  5. ひとり旅の画像
    ひとりの漢字表記「一人」は、人数が1である。一名であることを表す。 「独り」は、孤独の意味以外にも…
ページ上部へ戻る