「晦日」と「大晦日」の違い

除夜の鐘の画像

晦日とは、月の最後の日のこと。
読みには、「みそか」「つごもり」「かいじつ」がある。
みそかは、月の30番目の日(三十日)の意味だが、実際の日付に関係なく、月の最終日を意味するため、31日まである月は30日ではなく31日を「みそか」と言う。
つごもりは、陰暦では月が隠れる頃が月末にあたることから、「つきごもり(月隠)」が音変化したもの。更に音変化して「つもごり」ともいう。
かいじつは、「晦日」の音読。「晦」の字は、月が隠れることを表している。

大晦日とは、12月31日のこと。
一年の最後の月の最終日であることから、「大」を冠して「大晦日」となった。
晦日を「みそか」や「つごもり」と読むのは、和語を当てた当て読みで、漢字本来の読みからすれば「かいじつ」だが、大晦日は「おおみそか」か「おおつごもり」としか読まず、「おおかいじつ」や「だいかいじつ」とは読まない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 心の病の画像
    心療内科は、主に心身症を扱う内科。 心身症とは、精神的・心理的要因が原因で、胃潰瘍や頭痛、下痢や嘔…
  2. 会話の画像
    会話とは、二人以上の人が集まって互いに話すこと。また、その内容のこと。 日常生活における話のやり取…
  3. 体幹トレーニングの画像
    体幹とは、頭と四肢(両手と両脚)を除いた部分。つまり、胴体ことである。 また、胴体にある筋肉のこと…
  1. 雹の画像
    「雹(ひょう)」も「霰(あられ)」も、空から降ってくる氷の粒だが、一番の違いは大きさにある。 ひょ…
  2. 畳表草履の画像
    下駄は、木製の台に3つの穴を開け、鼻緒をすげた履物の総称。 台部に2本の歯がついたものが多いが、台…
  3. スパークリングワインを注ぐ画像
    スパークリングワインは、炭酸ガスを多量に含んだ発泡性のワインのこと。 非発泡性ワインは、スティルワ…
  4. 下を見つめず空を眺める画像
    見るは、視覚によって認識することを広く意味する言葉で、前後の表現によって「見つめる」「眺める」の意味…
  5. はにわの画像
    土偶と埴輪は、どちらも古い時代の土製の焼き物だが、作られた時代や使用目的が異なり、関係性もない。 …
ページ上部へ戻る