「思う」と「考える」の違い

考えるゴリラの画像

「問題の答えを考える」とは言っても「問題の答えを思う」とは言わないように、考えるは筋道を立てて知的に分析するなど、客観的に判断することを示す。
対して、思うは主観的・感情的な心の動きや、瞬間的な判断を示すのに用いる。

「面白い」は、「思う」か「考える」か。
感情的・主観的な心の動きとして面白いを表すならば、「面白いと思う」と言う。
面白いが分析の対象であれば、「〇〇が面白いと考える」「面白いことを考える」「面白いとは何か考える」といった言い方になる。

「相手のことを思う」と「相手のことを考える」。
「相手のことを思う」と言った時は、相手を恋しく思ったり、心配したりする感情を表し、「相手のことを考える」は、より分析的で、その状況などについて思いめぐらすことを表す。

「私はこう思う」と「私はこう考える」。
「私はこう思う」と言った時は、主観的な希望や、漠然とした思いを表し、「私はこう考える」は、客観的な考えや、筋の通った考えを表す。

関連記事

  1. 階段の画像
    ランク(rank)は、順位や等級、順位をつけること。 レベル(level)は、水準や段階。 グレ…
  2. 日本で単に「鹿」という時は、シカ科シカ属のニホンジカを指す。 トナカイもシカ科の動物で鹿の仲間に違…
  3. 特別史跡五稜郭跡の画像
    遺跡は、貝塚・古墳・集落跡など、過去の人類の営みが残された場所や、昔の建物や歴史的事件があった場所な…
  1. セクハラ画像
    事実は、本当にあった事柄、現実に存在する事柄。 真実は、嘘偽りのないこと、本当のことを意味する。 …
  2. 不倫現場画像
    浮気も不倫も、パートナーがありながら、他の異性にひかれ関係をもつことをいい、厳密な意味の違いはないが…
  3. 存在を見つける画像
    有るは、「財産が有る」「貫禄が有る」「有りがち」など、「持っている」「備わる」「含まれる」といった「…
  4. 皮革の画像
    皮とは、「手の皮」や「みかんの皮」など、動植物の外表を覆っている膜。 「餃子の皮」や「饅頭の皮」な…
  5. すかしっ屁を指摘される画像
    「屁」も「おなら」も、飲み込んだ空気や腸の内容物の発酵によって生じたガスが、肛門から排出されるものを…
ページ上部へ戻る