「夜更け」「未明」「夜中」「真夜中」「深夜」「夜半」の違い

夜中の街の画像

夜更けを表す言葉は、深夜・夜中(真夜中)・未明・夜半などと多くあるが、それぞれに時間帯の明確な定義がある訳ではないため、違いは感覚的なものとなる。
特に、電気が使われるようになってからは、生活のリズムが夜中心の人も多くなっているため、人によって指している時間帯が異なることも多い。

NHK放送文化研究所が全国調査を行った結果では、夜中が午後11時台から午前2時台、深夜が午前0時台から午前2時台、未明が午前2時台から午前4時台となっている。
しかし、気象庁の予報用語で「未明」は、午前0時から午前3時頃を指し、報道でも「未明」と言えば、午前0時から午前3時頃を指す。

「夜中じゅうずっと遊んでいた」という表現もされるように、夜中は他に比べて長い時間帯を表すことがある。

真夜中は、夜中を強調した言い方。
正午の反対の正子(午前0時)が夜の中間地点となるため、午前0時の前後30分間くらいを指すことが多いが、夜中よりも更に遅い時間と捉えて午前3時頃を指すこともある。

深夜は、「深夜営業」や「深夜料金」など、他の語と複合した形で使われることが多い。
労働基準法では、午後10時から午前5時までを深夜業としており、この時間帯を基準に、タクシーなど一部のサービス業では深夜割増料金として徴収されることがある。
風俗営業法では、午前0時から日の出までを深夜としている。
各地方公共団体の青少年保護育成条例では、青少年単独の深夜外出禁止時間を、午後11時から午前4時までと規定しているところが多い。
テレビやラジオの深夜放送は、午後11時もしくは午前0時から午前5時頃までの時間帯を指すのが一般的である。
深夜を意味する「深更(しんこう)」は、主に文章語として用いられる。

夜半も日常語としてはあまり用いられず、主に文章語として使われる。
夜の中間を表すため、真夜中と同様に、午前0時の前後30分間くらいを指すことが多い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る