「口紅」と「グロス」「ルージュ」「リップ」の違い

口紅の画像

口紅は、唇に塗る化粧品で、日本で最も一般的な表現である。
名前の通り、色は紅色が中心であるが、現在は様々な色の口紅が販売されている。
口紅のメリットは、発色の良さと色味の豊富さであるが、落ちにくい、単独で使用すると唇がかさつくなどのデメリットもある。

グロス(Gloss)は、「リップグロス(Lip gloss)」の略で、グロスは「艶」や「光沢」を意味する。
唇に艶を出すために用いるもので、透明や半透明のものが多い。
グロスのメリットは、塗りすぎなければ自然な感じに艶を出せたり、プルプルした質感を出せることだが、発色がない、落ちやすく持ちが悪い、塗りすぎるとテカテカして下品に見えるといったデメリットがある。

口紅とグロスは用途が異なるため、グロスを塗った上から口紅を塗るなど、両方使うことも多い。
また、口紅の発色とグロスの艶の両方を兼ね備えたものには、リキッドタイプのリキッドルージュがある。

ルージュ(Rouge)は、英語ではなくフランス語で「赤色」を意味する。
口紅をフランス語では、「ルージュ・ア・レーブル(Rouge à lèvres)」といい、「lèvres」は「唇」を指す。
日本では「口紅」と「ルージュ」とが全く同じ意味で用いられ、紅色以外の色でも「口紅」と呼ぶように、赤以外の色でも「ルージュ」と呼ぶ。

リップ(Lip)は、英語で「唇」のことだが、日本では主に「リップクリーム」の略として使われている。
英語で口紅は「リップスティック(Lipstick)」だが、日本で「リップスティック」と言っても、普通は「リップクリーム」のことを指す。
ただし、「リップクリーム」という言葉自体が和製英語なので、英語圏で言うならば「リップバーム(Lip balm)」である。
リップクリームは、主に唇の乾燥を防ぐために塗る軟膏で、口紅を塗る際の下地としても使われる。
色付きリップも存在するが、乾燥を防ぐことが主な目的として作られているため、口紅ほどの発色はない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 日本の古い郵便受け画像
    手紙を書く際、冒頭の挨拶として「拝啓」「謹啓」「前略」などの頭語を用い、頭語に対応した「敬具」「敬白…
  2. お彼岸の画像
    春のお彼岸は、春分の日を中日とし、前後3日を合わせた7日間。 秋のお彼岸は、秋分の日を中日とし、前…
  3. 暖かい部屋と温かい飲み物の画像
    「暖かい」と「温かい」の使い分け方は、「暑い」と「熱い」の使い分けと似ている。 気温や気候が、寒す…
  1. 富士山麓に茶畑画像
    日本茶(緑茶)の中で、最もよく飲まれているのが煎茶である。 煎茶は、新芽を摘んで蒸して揉み、乾燥し…
  2. 古本と古書の画像
    古本と古書は、古い本という意味では同じである。 しかし、古書には昔の古い書物の意味もあるため、明確…
  3. 油の画像
    油は「氵(さんずい)」が付いているように液体で、植物性・鉱物性のあぶらを表す。 脂は「月(にくづき…
  4. 雛人形の画像
    関東で作られる雛人形を「関東雛」、京都で作られる雛人形を「京雛」という。 関東雛と京雛では、顔立ち…
  5. 時計とカレンダーの画像
    時期とは、あることを行う時。ある一定の期間。 時季とは、季節。特に、あることが盛んに行われる季節や…
ページ上部へ戻る