「口紅」と「グロス」「ルージュ」「リップ」の違い

口紅の画像

口紅は、唇に塗る化粧品で、日本で最も一般的な表現である。
名前の通り、色は紅色が中心であるが、現在は様々な色の口紅が販売されている。
口紅のメリットは、発色の良さと色味の豊富さであるが、落ちにくい、単独で使用すると唇がかさつくなどのデメリットもある。

グロス(Gloss)は、「リップグロス(Lip gloss)」の略で、グロスは「艶」や「光沢」を意味する。
唇に艶を出すために用いるもので、透明や半透明のものが多い。
グロスのメリットは、塗りすぎなければ自然な感じに艶を出せたり、プルプルした質感を出せることだが、発色がない、落ちやすく持ちが悪い、塗りすぎるとテカテカして下品に見えるといったデメリットがある。

口紅とグロスは用途が異なるため、グロスを塗った上から口紅を塗るなど、両方使うことも多い。
また、口紅の発色とグロスの艶の両方を兼ね備えたものには、リキッドタイプのリキッドルージュがある。

ルージュ(Rouge)は、英語ではなくフランス語で「赤色」を意味する。
口紅をフランス語では、「ルージュ・ア・レーブル(Rouge à lèvres)」といい、「lèvres」は「唇」を指す。
日本では「口紅」と「ルージュ」とが全く同じ意味で用いられ、紅色以外の色でも「口紅」と呼ぶように、赤以外の色でも「ルージュ」と呼ぶ。

リップ(Lip)は、英語で「唇」のことだが、日本では主に「リップクリーム」の略として使われている。
英語で口紅は「リップスティック(Lipstick)」だが、日本で「リップスティック」と言っても、普通は「リップクリーム」のことを指す。
ただし、「リップクリーム」という言葉自体が和製英語なので、英語圏で言うならば「リップバーム(Lip balm)」である。
リップクリームは、主に唇の乾燥を防ぐために塗る軟膏で、口紅を塗る際の下地としても使われる。
色付きリップも存在するが、乾燥を防ぐことが主な目的として作られているため、口紅ほどの発色はない。

関連記事

  1. 雹の画像
    「雹(ひょう)」も「霰(あられ)」も、空から降ってくる氷の粒だが、一番の違いは大きさにある。 ひょ…
  2. 積雪画像
    「降雪量(降雪の深さ)」と「積雪量(積雪の深さ)」は、どちらも降り積もった雪の量を表すが、降雪は「雪…
  3. 素足から裸足になる画像
    裸足(跣)と素足の違いは、履物を履くか履かないかの違いである。 裸足は、何も履いていない足や、履物…
  1. 砂・土を掘る犬の画像
    砂は、細かく砕けた岩石の粒で、地質学では粒径2mm以下、16分の1mm以上のものをいう。 サンゴや…
  2. 霧の中のジョギング画像
    霧(きり)と靄(もや)は、大気中の水蒸気が微小な水滴がとなって浮遊し、視界が悪くなる現象をいい、霞(…
  3. スパークリングワインを注ぐ画像
    スパークリングワインは、炭酸ガスを多量に含んだ発泡性のワインのこと。 非発泡性ワインは、スティルワ…
  4. 口紅の画像
    口紅は、唇に塗る化粧品で、日本で最も一般的な表現である。 名前の通り、色は紅色が中心であるが、現在…
  5. 聞く人の画像
    聞くと聴くは、意識の違いによって使い分けられる。 聞くは、「物音を聞く」「話し声が聞こえる」のよう…
ページ上部へ戻る