「煎茶」「玉露」「抹茶」「番茶」「ほうじ茶」「玄米茶」


日本茶(緑茶)の中で、最もよく飲まれているのが煎茶である。
煎茶は、新芽を摘んで蒸して揉み、乾燥して仕上げられる。

玉露は、「高級煎茶」といわれるように煎茶の一種だが、煎茶と栽培方法に違いがあり、収穫前の2週間から20日前後、葦簀(よしず)や藁で茶葉におおいを被せて日光を遮る、被覆栽培の茶葉である。
日光を遮ることで、旨味成分とされるテアニンが多く含まれ、渋味成分のタンニンが抑えられ、独特の香りとなる。
玉露と同じ栽培方法で、摘む前の1週間前後のものは「かぶせ茶」という。

抹茶は、甜茶(てんちゃ)を出荷する前に石臼で挽いたもので、茶の湯(茶道)で飲まれるほか、和菓子や洋菓子など広く用いられる。
甜茶の栽培方法は、玉露やかぶせ茶のように日光を遮る被覆栽培だが、被覆期間は20日以上。
摘んだ後、蒸すところまでは煎茶と同じだが、揉まずに乾燥される。

番茶の製造方法は、煎茶とほぼ同じだが、夏以降に収穫した三番茶・四番茶、煎茶の選別ではじかれた大きな葉など、規格外の茶で、若葉ではなく、成長した茶葉を使うため、煎茶よりも品質が劣る低級品とされる。
北海道や東北・北陸など、地方によっては「ほうじ茶」を「番茶」と呼ぶ地域もある。
番茶は、煎茶に比べてカフェインの含有量が少なく、夜に飲んでも眠れなくなる心配がなく、妊娠中の妊婦や子供も安心して飲める。

ほうじ茶は「焙じ茶」と書くとおり、煎茶・番茶・茎葉などを強火で炒った茶のこと。
一般的には番茶などと同等に扱われるが、ほうじ茶を飲む習慣が根付いている京都では、料亭などの席で上質なほうじ茶が供されることもある。

玄米茶は、蒸して炒った玄米とほぼ同量の茶をブレンドしたもので、茶葉には番茶や下級の煎茶が使われる。
玄米が入っている分、カフェインの含有量が少ない。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」

  2. 「生かす」と「活かす」

  3. 「調理」と「料理」

  4. 「生誕」と「誕生」

  5. 「遵守」と「順守」

  6. 「午前12時」と「午後0時」

  7. 「マフラー」「ストール」「ショール」「スカーフ」

  8. 「留意」「注意」「用心」

  9. 「制作」「製作」「作成」「作製」「製造」

  10. 「コリアンダー」と「パクチー」

おすすめ

  1. 「根本的」と「抜本的」

  2. 「褒める」と「誉める」

  3. 「心肺停止」と「死亡」

  4. 「改定」と「改訂」

  5. 「召集」と「招集」

  6. 「進歩」「進捗」「進度」

  7. 「Q&A」と「FAQ」

  8. 「生誕」と「誕生」

  9. 「うなじ」「襟足」「首筋」

  10. 「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

TOP