「初夏」と「立夏」「孟夏」の違い

初夏の画像

陰暦(旧暦)の夏は、4月から6月までを指し、夏の初めである4月を「初夏」、夏の半ばである5月を「仲夏」、夏の終わりである6月を「晩夏」という。
陰暦の4月は、太陽暦(新暦)で5月6日頃から6月5日頃であるため、今の暦で初夏は5月初旬から6月初旬である。

立夏は、二十四節気の一。暦の上で夏の始まる日を表し、太陽暦で5月6日頃を指す。
二十四節気は1年を24に分け季節を表したもので、陰暦の異称よりも細かく、「夏」を表す言葉は「立夏」のほかに、5月21日頃の「小満」、6月6日頃の「芒種」、6月21日頃の「夏至」、7月7日頃の「小暑」、7月23日頃の「大暑」がある。

つまり、初夏は、立夏(5月6日頃)から、小満(5月21日頃)を経て、芒種の前日の6月5日頃までを指す。
また、立夏や小満は、その1日を表す言葉だが、期間としての意味でも使われるため、初夏は立夏と小満ともいえる。

孟夏の「孟」は「初め」の意味で、初夏と同じく、陰暦の4月の異称。
孟夏は、古風な言い方となるため、初夏に比べ使われることが少ない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. バターを塗る画像
    バターは、牛乳から分離したクリームを練り固めた食品で、動物性脂肪が主成分となっている。 マーガ…
  2. 幼稚園の親友画像
    幼稚園は、学校教育法で定める学校の一つで、文部科学省が所管している。 満3歳から小学校に就学するま…
  3. 投機の画像
    将来の利益を見込んで株や不動産などに資金を投下することを「投資」や「投機」という。 リスクの低いも…
  1. 婚姻届の画像
    戸籍は本籍地の市町村に置かれるもので、各人の本籍地・氏名・生年月日・父母・続柄・配偶者・子・養子縁組…
  2. 雑炊の画像
    おかゆは、ご飯と同じ要領で、水の分量を多くし、米から炊いたもの。 消化が良いことから、離乳食や病人…
  3. カレー南蛮の画像
    カレーうどんは、汁がカレー味のうどん。 カレー南蛮には、汁がカレー味のうどんと蕎麦があり、うどんと…
  4. 通勤風景の画像
    サラリーマンは、「salary(給料)」と「man(男)」を繋げた和製英語で、特定の仕事に従事する給…
  5. パフェの画像
    パフェは背の高いグラスに入れられ、サンデーは平たい皿に入れられると言われるが、平たい皿に盛られたパフ…
ページ上部へ戻る