「会社員」と「社員」「従業員」「職員」の違い

社員の画像

会社員とは、会社に雇われ、働いている人のこと。
ふつう、パートやアルバイト、契約社員や派遣社員などの非正規雇用を含めず、正規雇用の者をいう。

社員は、会社に勤める人をいうことが多いが、本来は、社団の構成員や株式会社の株主である出資者をいう。
法律的な用語でも、社員は構成員や出資者のことをいい、会社に勤める人をいうのは俗称となるため、公的文書などで会社勤めの人を表す際は、「労働者」「被用者」「被雇用者」「商業使用人」などという。

非正規で雇われる派遣社員や契約社員などの非正社員にも「社員」という言葉が入るが、元々、「社員」といえば正規雇用者(正社員)のことを指す言葉であるため、単に「社員」という場合、非正社員や非正規雇用者は除かれることが多い。

「会社員」と通俗的に用いられる「社員」は同じ意味になるが、「会社員」という場合は職業としての区分として用い、「我が社の社員」や「社員食堂」のように特定の企業に限定した意味では「社員」が用いられる。

従業員とは、ある業務に従事している人のこと。
正規雇用だけではなく、パートやアルバイト、契約社員や派遣社員などの非正規雇用者も含まれ、会社だけでなく、個人事業主の元で働く者も「従業員」である。

職員は、ふつう、学校・官公庁・国や地方公共団体、行政法人・社会福祉法人・宗教法人などの会社組織以外の法人に所属し、働く人のことをいう。
一般的にはあまり使わないが、職員は職務を担当する人を表す言葉なので、会社組織の法人に勤務する者を「職員」と呼ぶことは間違いではない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 節分の赤鬼と青鬼画像
    節分には、鬼に豆をぶつける「豆まき」の行事が行われる。 鬼の色は、赤色や青色が一般的だが、他に、黄…
  2. 目(眼)の画像
    視覚器官の「め」を表す漢字には、「目」と「眼」がある。 目は眼よりも日常的に使われ、「台風の目」「…
  3. 目標火薬田ドンの画像
    目的と目標は、目指すものという意味では同じだが、目的は、最終的に実現しよう、成し遂げよう、到達しよう…
  1. おかきの画像
    米菓は「せんべい」と「あられ」、「せんべい」と「おかき」という組み合わせであれば、明確に区別すること…
  2. 鳥の丸食べ画像
    焼き鳥は、鳥肉にタレや塩などをつけ、あぶり焼いたもの。 古くは、スズメやツグミなどを串に刺して丸焼…
  3. 翔ぶ人の画像
    飛ぶと跳ぶは、「空中を移動する」「飛行する」「fly」の意味であれば「飛ぶ」、「空中にはね上がる」「…
  4. 12時0時を指す時計画像
    昼の12時を表す正午。 午前の終わりと考えれば「午前12時」、午後の始まりと考えれば「午後0時」と…
  5. 披露宴に華を添える花画像
    一般には「花」を使い、「華」はきらびやかなもの、美しいもの、すぐれた性質の比喩に多く使われる。 …
ページ上部へ戻る