「事実」と「真実」の違い

セクハラ画像

事実は、本当にあった事柄、現実に存在する事柄。
真実は、嘘偽りのないこと、本当のことを意味する。
意味は似ているが、事実はひとつで、真実は複数あると言われるように、事実と真実は異なり、一致しないことの方が多いくらいである。

上の写真から言える事実は、男性が女性の足を触っていることだけで、これが恋人同士の行為なのか、セクハラ行為なのかといった事まではわからない。
性別も見る側の勝手な想像であるため、厳密に言えば「男性らしき人が女性らしき人の足を触っている」というのが事実となる。
しかし、「歴史的事実」と言われることでも、本当にあったこととは限らないように、多くの人が事実と信じているものは事実となるため、「男性が女性の……」でも事実といえる。
つまり、事実は「実際にあった」と多くの人が認められる事柄、客観的に認められる事柄のことである。

足を触っているのが男性として、それは恋人に対する行為なのか、セクハラ行為なのかといった真実は、男性の心の中にあるものである。
男性の真実としては、恋人とのスキンシップであったとしても、女性からすれば付き合った覚えもなく、セクハラをされたと思っていれば、女性の真実としてはセクハラ行為となる。
つまり、真実は人それぞれが考える本当のこと(事実)で、客観的なものではなく、主観的なものである。

関連記事

  1. 蔵王国定公園の画像
    国立公園は、日本の景勝地の中でも特に傑出した地として、指定された自然公園。 自然公園法に基づき、環…
  2. フランス菓子カドのマドレーヌとフィナンシェ画像
    フィナンシェもマドレーヌも、フランス発祥の焼き菓子。 フィナンシェは、フランス語で「金融家」「…
  3. 竹林の画像
    木も草も、光合成によって成長する植物。 一般に、木は大きく高く育ち、草は小さく低く育つというイメー…
  1. ミネラルウォーターの画像
    水1リットル当たりに含まれるカルシウムやマグネシウムなどの含有量を「硬度」と言い、硬度の値によって「…
  2. 気象衛星から見た台風の画像
    気象衛星ひまわりは、日本の気象観測用人工衛星の愛称。 雲や風、海面温度などの気象観測をする。 気…
  3. 火だるまの画像
    暑いは「暑い部屋」「暑い一日」「蒸し暑い」など、体に不快を覚えるほど気温が高いことを表す言葉で、「寒…
  4. 怖い墓地の画像
    怖いと恐いは、ともに、悪い結果が予想され、不安である、近寄りたくない、身がすくむ。また、不思議な力が…
  5. 富士山から見る初日の出画像
    ご来光は、高山で望む荘厳な日の出のこと。 初日の出は、元日の日の出のこと。 日の出が話題にな…
ページ上部へ戻る