「フクロウ」と「ミミズク」の違い

フクロウ科ミミズクの画像

フクロウもミミズクも、クロウ目フクロウ科の鳥で、生物学的には同じ種別である。
一般には、羽角のある種を総称して「ミミズク」と呼び、ミミズクを除くものを総称して「フクロウ」と呼ぶ。
羽角は頭の左右にある一対の羽毛の束で、耳のように見えることから、耳があるのが「ミミズク」、耳がないのが「フクロウ」という言い方もされる。
基本的には、羽角(耳)の有無で区別できるが、中には区別できないものもいる。

ワシミミズクやコノハズクなど、ミミズクと呼ばれる鳥の名前には「ズク」が付くが、アオバズクは「ズク」が付いていても羽角がない。
シマフクロウは、「フクロウ」の名が付いていても羽角がある。

英語でフクロウは「owl」、ミミズクは「horned owl(角のあるフクロウ)」や「eared owl(耳付きのフクロウ)」という。
しかし、個別の種を表す英名では、「Short-eared Owl(コミミズク)」のように、ミミズクを表す語を含むものもいれば、「Eurasian Eagle Owl(ワシミミズク))」のように、ミミズクを表す語を含まないものもいる。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る