「スダチ」と「カボス」の違い

すだちの画像

スダチもカボスも、ユズの近縁種でミカン科の香酸柑橘類。キロ当たりの値段もほぼ同じである。
そのため、スダチとカボスはよく混同されるが、産地が異なり、見た目の大きさにも違いがある。

すだちは徳島県の特産で、9割以上が徳島県産である。
大きさはゴルフボールくらいで、重さは40g程度。
かぼすは大分県の特産で、9割以上が大分県産である。
大きさはテニスボールくらいで、重さは100~150gほどあるため、スダチとカボスは大きさで見分けられる。

刺身や焼き魚、鍋料理などの薬味に使われる点では共通するが、スダチとカボスの酸味は異なるため、適した料理にも違いがある。
スダチは、さっぱりとした酸味なので、焼き松茸との相性が良い。
カボスは、まろやかな酸味で素材の味を壊さないため、ふぐ料理などにはカボスを使った方が良い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る