「簾(すだれ)」と「葦簀(よしず)」


簾(すだれ)は、材料に細く割った竹や葦(ヨシ)などを並べて糸で編んだもので、日よけや目隠しなどの目的で使われるものの総称である。
葦簀(よしず)は、「よしすだれ」とも言うように簾の一種だが、材料に葦が使われ、大型で軒先などに立て掛けて使うものを「葦簀」と呼び、簾と区別される。

簾には、地面に対して横方向に垂らすように使う「掛け簾」と、地面に対して縦方向に立て掛けて使う「立て簾(たてす)」があり、葦簀は立て簾に含まれる。
そのため、ブラインドカーテンのように、窓などに吊るして使うものは「簾」、軒先などに立て掛けるものは「葦簀」と分けられるが、材料に竹などが使われている場合は「葦簀」ではなく、「立て簾(たてす)」と呼ばれる。

ただし、天然材料ではなく、樹脂製のものも増えてきたことから、最近では、小型で窓などに吊るして使うタイプを「すだれ」、大型で立て掛けるタイプを「よしず」と呼び分けられることも多くなっている。

葦簀と簾のメリットとデメリットというほどではないが、用途の違いから次のような違いもある。
葦簀は窓全体をおおうことができ、水をかけて更に温度を下げることができるため、簾よりも涼しくなるが、外に置くため腐食しやすく、大型で保管が不便である。
簾は室内に掛ければ腐食もしにくく、年中掛けておくこともでき、小型で保管にも便利だが、涼しさの面では葦簀に劣る。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「同居」「同棲」「内縁」

  2. 「ねじ」「ボルト」「ビス」「釘」

  3. 「早い」と「速い」

  4. 「居眠り」と「うたた寝」

  5. 「退社」と「退勤」

  6. 「登山」「トレッキング」「ハイキング」

  7. 「退職願」「退職届」「辞表」

  8. 「表す」「現す」「顕す」「著す」

  9. 「生かす」と「活かす」

  10. 「対応」と「応対」

おすすめ

  1. 「床屋」と「美容室」

  2. 「整える」と「調える」

  3. 「文」「文章」「文書」

  4. 「昼光色」「昼白色」「電球色」

  5. 「不倫」と「浮気」

  6. 「レバニラ炒め」と「ニラレバ炒め」

  7. 「召集」と「招集」

  8. 「チョコレート」と「ショコラ」

  9. 「しらたき」と「糸こんにゃく」

  10. 「セメント」「コンクリート」「モルタル」「アスファルト」

TOP