「キャンディ」と「ドロップ」の違い

ドロップの画像

キャンディは、砂糖や水飴を原料として作られた菓子の総称。
砂糖や水飴を原料とするものなので、その幅は広く、ドロップもキャンディの一種。
キャラメルやマシュマロなども、キャンディの一種である。

キャンディを大きく分けると、140~160度の高温で加熱し硬く作られた「ハードキャンディ」と、100~125度の低温で加熱し柔らかく作られた「ソフトキャンディ」に分けられる。

ドロップはハードキャンディに含まれ、バタースコッチ、タフィーも、ハードキャンディの一種。
ソフトキャンディには、キャラメル、マシュマロ、ヌガーがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る