「アナウンサー」「キャスター」「リポーター」の違い

ニュースキャスターの画像

アナウンサーは、ニュースで原稿を読んだり、番組の司会、スポーツの実況、ナレーションなどをする人。
テレビ局やラジオ局に所属するアナウンサーと、放送局に所属していないフリーアナウンサーがいる。
駅や競技場などで、マイク放送する係も「アナウンサー」と呼ぶように、主な役割は、明瞭な発声で情報の伝達・告知を行うことである。

キャスターは「ニュースキャスター」の略だが、日本独特の呼称で、アメリカでは「アンカーパーソン」や「アンカーマン(アンカーウーマン)」、イギリスでは「プレゼンター」と呼ばれる。
キャスターの主な役割は、解説・論評を交えながらニュース番組の司会・進行をすることである。
ただニュースを伝えるだけでなく、内容を理解・分析をして視聴者・聴衆者にわかりやすく伝えるという、ジャーナリストとしての能力が求められるため、アナウンサー以外では、新聞記者や報道記者など、取材経験豊富な人が務めることも多い。
エンターテインメント化されたニュースショーでは、芸能人がキャスターを務めることもある。
また、スポーツニュース担当の「ニュースキャスター」、天気予報担当の「お天気キャスター」など、それぞれのコーナーを担当する人も「キャスター」と呼ばれる。

リポーターは、報告者のことで、現地を取材して報告する人を指す。
主な役割は、現場の状況を正しく伝えることであるが、原稿があることは少なく、自分で内容を構成する力が必要となる。
リポーターになる人は、記者・アナウンサー・ディレクターやアシスタントディレクターなどのスタッフ、芸能人など様々で、キャスターがリポートすることもある。
ニュース番組のリポーター以外に、芸能リポーターやグルメリポーター、野球のベンチリポーターなど、リポーターにも様々なジャンルがある。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る