「ひつじ雲」と「うろこ雲」「いわし雲」の違い

富士山とうろこ雲の画像

秋の空に見られる、ひつじ雲、うろこ雲、いわし雲。
それぞれ、ヒツジに似ていたり、魚の鱗のように見えたり、イワシの群れに見えることから付けられた俗称で、ひつじ雲は「高積雲」、うろこ雲といわし雲は「巻積雲」が正式な名前である。

うろこ雲といわし雲は、同じ巻積雲なので違いはなく、見え方によって「うろこ雲」「いわし雲」と呼び分けられているにすぎない。
「さば雲」と呼ばれる雲も、うろこ雲やいわし雲と同じ巻積雲のことで、サバの背にある模様に似た波状の雲をいう。

ひつじ雲の「高積雲」と、うろこ雲やいわし雲の「巻積雲」の決定的な違いは、雲が発生する高さである。
高積雲は高度2~7kmの中層に発生し、巻積雲は高度5~13kmの上層に発生する。
高度に違いがあるため、地上に近いひつじ雲は、一つ一つの塊が大きく見え、地上から遠くにあるうろこ雲やいわし雲は、一つ一つの塊が小さく見える。

その他、高積雲(ひつじ雲)は雲が厚く、光の通過が少ないのに対し、巻積雲(うろこ雲・いわし雲)は雲が薄く、光の通過が多いという特徴がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 目の錯覚画像
    幻覚は、対象となるものが実際はないのに、あるように知覚すること。 多くの場合、「幻覚が見える」など…
  2. 暖かい部屋と温かい飲み物の画像
    「暖かい」と「温かい」の使い分け方は、「暑い」と「熱い」の使い分けと似ている。 気温や気候が、寒す…
  3. 初夏の画像
    陰暦(旧暦)の夏は、4月から6月までを指し、夏の初めである4月を「初夏」、夏の半ばである5月を「仲夏…
  1. 倒れる女性の画像
    日射病は、強い直射日光に長時間当たることで発生する病気。 大量の汗をかいて脱水症状となり、体温調節…
  2. 複雑な生い立ちの画像
    生い立ちは、「壮絶な生い立ち」「不幸な生い立ち」「生い立ちムービー」など、どのように育ったかという、…
  3. 人が分かれる画像
    分かれると別れるは、共に「わかれる」と読み、「離れる」という意味においては同じで語源も同じだが、わか…
  4. スキャンダル女優の画像
    ゴシップ(gossip)の意味は、興味本位の噂話。 スキャンダル(scandal)の意味は、名誉を…
  5. トイレを我慢する画像
    「おさえる」の漢字には、「押さえる」と「抑える」がある。 敵の侵入を防ぐ場合、侵入を食い止めるとい…
ページ上部へ戻る