「降雪」と「積雪」と「着雪」の違い

積雪画像

「降雪量(降雪の深さ)」と「積雪量(積雪の深さ)」は、どちらも降り積もった雪の量を表すが、降雪は「雪が降ること」の意味が中心、積雪は「降った雪が積もること」が中心にあり、降雪量と積雪量では基準が異なる。

降雪量は、「10時から12時にかけて2時間の降雪量」というように、1時間、2時間など、ある時間内に降り積もった雪の深さ。
積雪量は、「12時時点の積雪量」というように、自然な状態で降り積もった、ある時点での雪の深さを表す。

10時から雪が降り始めたのであれば、10時から12時までの降雪量と12時時点の積雪量は同じになるが、前日から雪が降り始め、既に10時の時点で積もっていたとすれば、10時から12時までの降雪量よりも、12時時点の積雪量の方が多くなる。
ただし、上記は単純計算した場合の比較で、積雪は、重みで沈んだり、解けたりするため、累積降雪量と積雪量が一致するとは限らない。

天気予報で「積雪あり」とされる基準は、観測所の周辺地面の半分以上が雪で覆われた状態で、半分以上を覆っていない場合は「積雪なし」となる。
「積雪0cm」と発表されるのは、雪はそれほど積もっていないが、地面の半分以上が雪で覆われた状態であることを表している。

降雪量は、一定時間毎に積雪量の差を求め、積雪差の正の値の合計で表される。
10時の時点で1cmの積雪があったとし、11時の時点で3cmになっていれば、10時から11時までの降雪量は2cmである。
これが、12時の時点で2cmの積雪になっていたら、11時から12時まではマイナス1cmだが、差に使われるのは正の値のみであるため、11時から12時までの降雪は無いことになり、10時から12時までの降雪量は2cmとなる。

なお、降雪と積雪は、雪だけでなく、霰(あられ)や雹(ひょう)といった固形降水も含まれる。

着雪は、雪が電線や木などに付着する現象を意味する。
湿った雪が付着し、送電線や船体などに被害が起こる可能性がある時には、「着雪注意報」が発表される。
降雪や積雪とは異なり、計測するものではないため、「着雪量」が発表されることもない。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「降水量」と「降雨量」の違い
「雹(ひょう)」と「霰(あられ)」の違い
スポンサーリンク

関連記事

  1. 元美脚画像
    一般的には「足」が多く使われるが、人のあしを指す部分によって漢字を使い分ける場合は、足首からつま先の…
  2. 天国へ旅立つ画像
    心肺停止とは、心臓も呼吸(肺の動き)も停止した状態。心音と呼吸の有無の確認でわかるため、誰でも心肺停…
  3. 2月29日0時前の画像
    うるう年とは、太陽暦と地球の自転速度が一致せず、調整するために1年を366日とする年のこと。 平年…
  1. 石を避ける画像
    「避ける」には、「さける」と「よける」の読み方がある。 「さける」も「よける」も、好ましくない対象…
  2. 干支の動物画像
    今年の干支を言う際、2106年であれば「申年(さるどし)」、2017年であれば「酉年(とりどし)」と…
  3. 火だるまの画像
    暑いは「暑い部屋」「暑い一日」「蒸し暑い」など、体に不快を覚えるほど気温が高いことを表す言葉で、「寒…
  4. ミネラルウォーターの画像
    水1リットル当たりに含まれるカルシウムやマグネシウムなどの含有量を「硬度」と言い、硬度の値によって「…
  5. ジャンクションの画像
    「変わる」「代わる」「替わる」「換わる」の使い分け方は、熟語に置き換えて考えると分かりやすい。 …
ページ上部へ戻る