「生かす」と「活かす」の違い

生かさず活かすプリザーブドフラワー画像

生かすは、死にかけたものを行き返らせる、生命を保たせる、死なないようにするなど、生命に関することを表す際に用いる。
活かすは、活用する、有効に使うことを表す際に用いるなど、能力や特性に関することを表す際に用いる。

ただし、常用漢字に「活かす」という表記はないため、公用文では「生かす」や、かな書きで「いかす」と書くか、「活用する」といった言葉に置き換えられる。

意味が伝わりやすくなるため、一般で使用する際には、なるべく「生かす」と「活かす」を使い分けたいが、本来は「生かす」と表記するのが正しく、活用の意味で「生かす」を使っても間違いではないため、どちらを使用するか迷った際には、「生かす」と表記するとよい。

関連記事

  1. 刺身の盛り合わせ画像
    刺身は、魚・貝・肉などを生のまま薄く切り、醤油やわさびなどをつけて食べる料理。 元々は、「切り身」…
  2. 戦争と平和の画像
    戦争は、国家間の対立によって起こる軍事力を用いた戦闘行為、及び、その状態。 比喩として、「受験戦争…
  3. レギンスの画像
    日本で「スパッツ」と呼ばれるものは、欧米では「レギンス」と呼ばれ、基本的には同じもの。 日本に「レ…
  1. ピーマンとパプリカは、どちらもナス科トウガラシ属である。 植物学では、それよりも細かく、明確な分類…
  2. 酒を飲む画像
    液体には「飲む」、固体には「呑む」といわれることもあるが、飲むと呑むの使い分けは、そこまで単純ではな…
  3. レギンスの画像
    日本で「スパッツ」と呼ばれるものは、欧米では「レギンス」と呼ばれ、基本的には同じもの。 日本に「レ…
  4. 日本で単に「鹿」という時は、シカ科シカ属のニホンジカを指す。 トナカイもシカ科の動物で鹿の仲間に違…
  5. 意図的の画像
    意図的と恣意的は、類語ではなく、全く意味の異なる言葉なので、誤用に注意が必要である。 意図は何…
ページ上部へ戻る