「シャベル」と「スコップ」の違い

シャベルとスコップの画像

JIS規格では、上部が平らで足をかけて押せるものを「ショベル(シャベルと同じ)」、上部がな曲線状で足をかけられないものを「スコップ」と区別しているが、世間ではJIS規格と異なる区別の仕方をしているため、JIS規格の基準で伝えても通じないことの方が多い。

関東(東日本)では大型のものを「スコップ」、小型のものを「シャベル」と呼び、関西(西日本)では大型のものを「シャベル」、小型のものを「スコップ」と呼ぶことが多く、地域によって呼称が逆転している。

一部の辞書では、スコップを「小型のシャベル」と解説しているものがあり、西日本の呼び方が支持されている。
また、「ショベルカー」を「スコップカー」と呼ばないから、大きいものが「シャベル」で、小さいものが「スコップ」というイメージを持った人もいる。

先が尖った剣型のものを「シャベル」、先が真っ直ぐな四角いものを「スコップ」という区別の仕方もある。
これが土木現場では、剣型のものを「剣スコ」、四角いものを「角スコ」と呼び、先が剣型でも四角でも「スコップ」である。

形状や大きさなど、様々な区別の仕方がされるシャベルとスコップだが、はっきりとした違いは、シャベルが英語の「shovel」から、スコップがオランダ語の「schop」からという語源の違いだけである。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
シャベルの類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 蔵王国定公園の画像
    国立公園は、日本の景勝地の中でも特に傑出した地として、指定された自然公園。 自然公園法に基づき、環…
  2. 総理の画像
    日本の行政権の長を表す正式な呼称は「内閣総理大臣」。 「総理」や「総理大臣」は、「内閣総理大臣」の…
  3. おはぎ・ぼたもちの画像
    おはぎとぼたもちは基本的に同じ食べ物で、どちらか一方で呼ばれることが多いが、季節・大きさ・材料によっ…
  1. 手を繋ぎたがる同級生の画像
    同級生は、同じ学級の生徒、クラスメートのことをいう。 本来は、同じ学校で同学年の生徒であっても、ク…
  2. 胸を強調するタンクトップ姿の女性の画像
    ノースリーブは、「sleeve(袖)」が「no(ない)」という意味から作られた和製英語で、英語では「…
  3. 部下に指示する画像
    指示と指図は、物事のやり方、仕事の段取りなどを言いつけ、人を動かすことで、意味としては同じだが、ニュ…
  4. 警視庁のパトカーの画像
    警視庁は、「大阪府警察本部」や「神奈川県警察本部」など都道府県に置かれる「警察本部」と同等の組織で、…
  5. 海を渡る船の画像
    船は、水上を移動する乗り物の「ふね」を表す一般的な表記で、大きさや動力の有無に関わらず用いる。 舟…
ページ上部へ戻る