「ZERO(ゼロ)」と「零(れい)」の違い

零戦の画像

数字「0」の読みには「ゼロ」と「れい」がある。
ゼロは、インドで生まれた概念がヨーロッパに伝わり、英語「zero」になったもの。
零(れい)は、それが中国に伝わって生まれたもので、一つ目の違いとして、英語と漢語の違いがある。
しかし、前後の言葉が英語なのか日本語(もしくは漢語)なのかで、前後を統一させるために「ゼロ」と「れい」が使い分けられている訳ではない。

天気予報の降水確率「0%」は、必ず「れいパーセント」と読まれる。
降水確率は0%から100%まで10%刻みの値で発表され、10%未満の値は四捨五入されるため、確率が5%未満の時は「0%」と発表される。
「ゼロ」も「れい」も共に「皆無」を意味するが、「零細企業」というように「零(れい)」には「わずか」「きわめて小さい」という意味もある。
降水確率「0%」は、雨の降る確率が限りなく皆無に近いという意味なので、「ゼロパーセント」ではなく「れいパーセント」と読まれるのである。

時刻の「0時」を「零時」、気温の「0度」を「零度」、点数の「0点」を「零点」というのも、それ自体が存在しない訳ではないからといわれる。
ただし、「時」や「度」「点」が日本語であるためともいわれ、正確なところは定かではない。

「ごみゼロ運動」や「自己ゼロ運動」のように、全く無い状態を目指す場合は「ゼロ」が使われる。

一般の会話で使用される「ゼロ」と「れい」の違いは、響きや言いやすさによって使い分けられる事が多く、必ずしも上記の通りではない。

関連記事

  1. 鈴木宗男代議士の画像
    代議士は衆議院議員、国会議員は衆議院議員と参議院議員を指す。 戦前の帝国議会は、衆議院と貴族院…
  2. はにわの画像
    土偶と埴輪は、どちらも古い時代の土製の焼き物だが、作られた時代や使用目的が異なり、関係性もない。 …
  3. 存在を見つける画像
    有るは、「財産が有る」「貫禄が有る」「有りがち」など、「持っている」「備わる」「含まれる」といった「…
  1. 女性のタトゥー画像
    入れ墨は、針や刃物で皮膚を傷つけ、そこに墨や絵の具などを入れて文字や絵画を描くこと。また、そのものを…
  2. 新商品を薦める画像
    勧める・奨める・薦めるは、いずれも「進める」と同源で「すすめる」と読む。 勧めるは、「読書を勧…
  3. ミルクティーの画像
    ミルクティーは、カップに入った熱い紅茶に少量の牛乳を入れて作る。 牛乳は少量しか使わないため、冷蔵…
  4. 児童が使う古い教室の画像
    一般の会話で、児童と生徒と学生が厳密に区別されることは少ないが、法律では区別されている。 学校…
  5. 高熱を出した子供の画像
    風邪は、鼻やのど、気管支など、呼吸器系の粘膜に炎症を起こす症状の総称。 主に、ウイルスの感染によっ…
ページ上部へ戻る