「本膳料理」「懐石料理」「会席料理」


本膳料理は、正式な日本料理の膳立てで、室町時代に武家の礼法をもとに確立し、江戸時代に発展したが、明治時代以降に廃れ、現在では、冠婚葬祭などに用いる儀式料理に残る程度である。
食事をとる行為自体に、儀式的な意味合いを強く持たせているのが特徴。
本膳料理では、本膳(一の膳)、二の膳、三の膳から成り、鄭重なものでは、与の膳、五の膳までを供し、料理が一度に並べられる。
献立には、一汁三菜・一汁五菜・二汁五菜・二汁七菜・三汁七菜・三汁九菜・三汁一一菜などの種類があるが、二汁五菜が一般的である。

懐石料理は、茶の湯で濃茶をすすめる前に出す簡単な料理のこと。
空腹の状態で濃茶を飲むと、茶の味が分からなかったり、気分が悪くなるといけないため、軽い食事を出したことに由来する。
温石を懐に抱いて腹を温めるように、腹中を温め空腹をしのぐ程度の料理という意味で「懐石」と呼ばれる。
同音の「会席料理(かいせきりょうり)」と区別するため、「茶懐石」とも呼ばれる。
「懐石」には「料理」の意味が含まれているため、本来は「懐石料理」ではなく「懐石」が正しい。
流派によって違いはあるが、懐石料理では、飯・吸い物・向付、煮物、焼物、預け鉢、吸物、八寸、湯桶・香の物、菓子の順に、一皿・一鉢ずつ出される。

会席料理は、本膳料理を簡略化した料理。
元々は、連歌や俳諧の後、俳人たちが楽しむ食事として出された料理で、会席とは連歌や俳諧の席のこと。
現在では、酒宴の席の上等な料理をさすようになり、本膳料理に次いで、正式な日本料理とされているのが会席料理である。
会席料理は酒を中心とした宴席料理であるため、懐石とは反対に、前菜、吸物・煮物、刺身・膾、焼物などが先で、最後に飯と汁が出される。

懐石は茶席に入る人数が少ないため、多くても5人程度だが、会席料理は酒宴料理であるため、10人以上ということも少なくない。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  2. 「コリアンダー」と「パクチー」

  3. 「制作」「製作」「作成」「作製」「製造」

  4. 「対応」と「応対」

  5. 「バカ」と「アホ」

  6. 「足」「脚」「肢」

  7. 「赤身魚」「白身魚」「青魚」

  8. 「署名」「記名」「サイン」

  9. 「配布」と「配付」

  10. 「対象」「対照」「対称」

おすすめ

  1. 「探求」と「探究」

  2. 「重症」と「重傷」

  3. 「返事」「返答」「応答」「回答」

  4. 「ノースリーブ」「タンクトップ」「ランニングシャツ」

  5. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  6. 「勧める」「奨める」「薦める」

  7. 「通夜」「葬儀」「告別式」

  8. 「署名」「記名」「サイン」

  9. 「うなぎ」と「あなご」

  10. 「蜃気楼」と「陽炎」

TOP