「ヒラメ」と「カレイ」


昔から、「左ヒラメに右カレイ」と言われる。
これは眼を上に向けて置いた時、頭が左向きになるのが「ヒラメ(平目・鮃)」、右向きになるのが「カレイ(鰈)」という意味である。
日本で見られるヒラメやカレイの多くは、この「左ヒラメに右カレイ」で見分けることが出来るが、海外では左に眼がついたカレイも多い。
ボウズガレイは眼の位置が決まっておらず、左と右が同じ頻度で出現し、日本でも、マヌガレイは左に眼がついているため、「左ヒラメに右カレイ」の見分け方は決定的ではない。

一般的にヒラメの成魚は体長80cm前後、カレイは40cm前後で、「ヒラメはカレイよりも大きい」と言われる。
しかし、カレイの仲間のオヒョウは大きなもので体長2m以上、体重200kg以上になり、カンゾウヒラメは体長25cm前後で、大きさによる見分け方も決定的ではない。

ヒラメとカレイの決定的な違いは、口の大きさと形である。
ヒラメは、小魚やエビなどを食べるため、アゴがしっかりしていて、歯は鋭く尖り、口が大きく裂けていて、獰猛な顔をしている。
カレイは、砂の中にいるゴカイやイソメ類を主食としているため、歯や口は小さく、おちょぼ口に見える。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「おしるこ」と「ぜんざい」

  2. 「不倫」と「浮気」

  3. 「留意」「注意」「用心」

  4. 「交代」と「交替」

  5. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」

  6. 「うなぎ」と「あなご」

  7. 「フクロウ」と「ミミズク」

  8. 「戦略」と「戦術」

  9. 「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

  10. 「逮捕」「検挙」「摘発」

おすすめ

  1. 「薄力粉」「中力粉」「強力粉」

  2. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」

  3. 「整える」と「調える」

  4. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」

  5. 「対応」と「応対」

  6. 「以下」と「未満」

  7. 「クッキー」「ビスケット」「サブレ」

  8. 「体制」「態勢」「体勢」「大勢」

  9. 「フィナンシェ」と「マドレーヌ」

  10. 「忖度」と「斟酌」

TOP