「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」


アクセント、イントネーション、プロミネンスは、言葉を話す時の音の高さや強さのことだが、次のような違いがある。

アクセントは、単語ごとの音の高さや強さのこと。
「雨はアの音が高い」と言えば、「アメ」の「ア」にアクセントを置いていることを表す。
アクセントはどこに置くかによって、標準語と関西弁といった訛り(方言ではない)の違いにも繋がる。
「はし」を言う場合、関東では「橋」と「端」は「シ」、「箸」は「ハ」にアクセントを置く。
関西では「橋」が「ハ」、「箸」が「シ」にアクセントを置き、「端」はアクセントがなく平坦な言い方となる。

イントネーションは、アクセントよりも長い単位で、文末(句末)を上げるか下げるかなど、句や文の高さの変化のこと。
「雨が突然降ってきた⤵」という下降調のイントネーションは、事実を伝える断定表現となり、「突然雨が降ってきた⤴」と上昇調に言えば、質問表現となる。
地方の訛りによって、一句(一文)中にイントネーションがなく単調であったり、標準語と高低差が逆になっていることがある。

プロミネンスは、特定の語を強調するため、特に強く発音すること。
事実を伝える下降調のイントネーションでは、音が段々下がっていくため、通常は後にいくほど強さも弱まるが、途中にプロミネンス(強く発音)を加えることで、強く発した部分の情報が際立ち、淡々とした印象もなくなる。
「雨が突然降ってきた」の「突然」を強く発音した場合、「突然」という情報が際立ち、それまで晴天だったことや、驚きの感情も表現できたりする。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「回復」と「快復」

  2. 「見る」「観る」「視る」「診る」「看る」

  3. 「暖かい」と「温かい」

  4. 「帰省」「帰郷」「里帰り」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  6. 「コリアンダー」と「パクチー」

  7. 「以下」と「未満」

  8. 「延期」「順延」「延長」

  9. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  10. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

おすすめ

  1. 「専修学校」「専門学校」「各種学校」

  2. 「絶対」と「絶体」

  3. 「下駄」「草履」「雪駄」「わらじ」

  4. 「対象」「対照」「対称」

  5. 「天気」「天候」「気候」「気象」

  6. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」

  7. 「刺身」「お造り」「あらい」「たたき」

  8. 「体」と「身体」

  9. 「時期」「時季」「時機」

  10. 「懲役」「禁錮(禁固)」「拘留」

TOP