アンテナの画像

BSもCSも人工衛星から送信される衛星放送であるが、使用される衛星が異なる。

BSは「Broadcast Satellite」の略で、日本語に訳すと「放送衛星」。
CSは「Communication Satellite」の略で、日本語に訳すと「通信衛星」。
その名の通り、元々はBSが放送を目的とした衛星であったのに対し、CSは通信を目的とし、主に企業などの受信を対象とした衛星であったが、1989年に放送法が改正され、CSでも一般向けの放送が可能となった。

BSとCSのアンテナの違い。
当初は、BSが東経110度の軌道上、CSが東経124度と128度の軌道上にあったため、それぞれに対応した受信機が必要であったが、2002年に110度CS放送が開始されたため、110度CS対応BSアンテナと1台のチューナーでBSとCSの受信が可能となった。

BSとCSの番組の違い。
BSは高画質のハイビジョン番組が中心。
CSは多チャンネルで専門性の高い番組が多い。

BSとCSの視聴料の違い。
BSの民放各社の放送は基本的に無料。NHK、WOWOW、スターチャンネルは受信契約が必要となる。
CSはスカパーとの契約が必要。過去にはスカパー以外の放送もあったが、現在、日本国内でCS放送を行っているのはスカパーのみである。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る