「節約」と「倹約」の違い

目的別貯金箱の画像

節約も倹約も、無駄を省いて切り詰めることを意味するが、対象範囲は異なり、「経費の節約」「電気の節約」「時間の節約」など、節約はお金以外の場合にも用いるのに対し、「電気の倹約」や「時間の倹約」とは言わないように、倹約はお金に関することのみ用いられる。

節約と倹約では、ニュアンスにも違いがあり、節約は合理的に無駄を省き切り詰めることで、プラスの印象を与えるが、倹約は無駄を省いて出費をできる限り少なくすることで、けち臭い印象を与える。

このような節約と倹約の違いは、使われる漢字の違いに通じる。
節約と倹約に使われる「約」には「引き締める」、節約の「節」には「区切り」、倹約の「倹」には「無駄や贅沢をしない」といった意味がある。
節約は、制限のもと切り詰めることに重点があるため、金銭に限らず用い、プラスの評価となるが、倹約は、贅沢な生活をせず切り詰めることに重点があるため、金銭に関することにのみ用い、出し惜しみをするケチな人というマイナスの評価になるのである。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る