「森」と「杜」の違い

森の画像

「森」は「木」を3つ組み合わせた漢字で、本来は樹木が沢山生えている”様子”を表したが、日本では樹木が生い茂った”場所”を表すようになった。

「杜」は「杜の鎮守」というように、神社のある地の木立ちの意味で使い、神秘的な雰囲気のある森を表すこともある。
「杜」の字は、本来、「ヤマナシ」という植物や、その果実を指す言葉であった。
「(門などを)閉ざす・閉じる」という意味もあったが、「もり」という意味はない。
「杜」が「もり」と読まれるようになったのは、植物を表す漢字であることと、「社(やしろ)」と漢字が似ていることから、神社の周りに広がる樹木が沢山生えている場所を「杜(もり)」と表すようになり、現在のような意味で使われるようになったと考えられている。

仙台市は「杜の都・仙台」と呼ばれ、現在では「杜」の一字で仙台市をイメージする人も多くなっている。
しかし、1909年(明治42年)には「森の都」と記されており、初めて「杜の都」と記されたのは1916年(大正5年)のこと。
仙台市が正式に「杜の都」としたのは、1970年(昭和45年)のことである。

仙台市が「杜の都」とした理由は、山などに自然に生えている樹木や草花だけではなく、そのまちに暮らす人々が協力し合い、長い年月をかけて育ててきた豊かな緑のことを表すとしている。
つまり、仙台市の「杜の都」で表す「杜」は、神社の木立ちを表した「杜」ではなく、自然に生えている樹木の「森」と区別するための「杜」ということである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 祝日に掲げる国旗の画像
    暦の上で休日となっている日を「祝日」「祭日」「祝祭日」などと言うが、「祭日」や「祝祭日」は俗称である…
  2. ジャージの男女画像
    ジャージとは、伸縮性のある厚手のメリヤス編みの生地のこと。また、その生地で作られた衣類製品。本来は、…
  3. 暖かい部屋と温かい飲み物の画像
    「暖かい」と「温かい」の使い分け方は、「暑い」と「熱い」の使い分けと似ている。 気温や気候が、寒す…
  1. 森の画像
    「森」は「木」を3つ組み合わせた漢字で、本来は樹木が沢山生えている”様子”を表したが、日本では樹木が…
  2. 子供を叱る画像
    怒るは、「起こる」と同源で、「感情が高まる」の意味から、腹を立てること。 叱るは、目下の者の言動に…
  3. 投機の画像
    将来の利益を見込んで株や不動産などに資金を投下することを「投資」や「投機」という。 リスクの低いも…
  4. 夜の道頓堀画像
    関西は、関東に対して「逢坂の関(現在の滋賀県大津市)」から西を指す名称で、大阪府・京都府・兵庫県・滋…
  5. 書類作成の画像
    行政書士も司法書士も、公的な機関に提出する法律関係の書類作成や申請などを代行する仕事である。 …
ページ上部へ戻る