「探求」と「探究」の違い

探究の画像

探求は「探し求める」と書くように、ある物事を得ようと探し求めること。
「史跡の探求」や「人生の意義を探求する」などと使う。

探究は「探し究める」と書くように、物事の本質や意義を探って見きわめようとすること。明らかにしようとすること。
「学問の探究」や「真理の探究」などと使う。

「幸福をたんきゅうする」という場合、幸福の本質や意義を明らかにするという意味で「探究」と書くことも間違いではないが、ふつうは、幸福を探し求めることを表すため「探求」と書く。

「たんきゅうしんが旺盛」という時の「たんきゅうしん」は、深く掘り下げて物事の本質を見きわめようとする気持ちが旺盛なことを表すため、「探究心」と書くのが正しく、「探求心」とは書かない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る