「拝啓」と「謹啓」「前略」の違い

日本の古い郵便受け画像

手紙を書く際、冒頭の挨拶として「拝啓」「謹啓」「前略」などの頭語を用い、頭語に対応した「敬具」「敬白」「草々」などの結語を用いて締めの言葉とする。

最も一般的な頭語は「拝啓」で、「つつしんで申し上げます」という意味。
「拝啓」に対応する結語は、「敬具」である。
その他、一般的の手紙に用いる頭語には「拝呈」「啓上」「啓白」、結語には「拝具」「敬白」がある。

「謹啓」も「つつしんで申し上げます」の意味であるが、「拝啓」よりも敬意が高く、目上の人に送る丁寧な手紙、改まった手紙に用いる。
「謹啓」に対応する結語は、「謹言」「謹白」「敬白」である。
その他、丁寧な手紙に用いる頭語には「謹呈」「粛啓」「謹白」、結語には「粛言」「頓首」がある。

「前略」は「拝啓」や「謹啓」と使い方が異なり、前文を省略する場合に用いる頭語である。
そのため、目上の人に送る際に「前略」使うのは失礼にあたる。
また、「前略」と書いた後に、時候の挨拶などの前文が続くのは不自然である。
「前略」に対応する結語は「草々(早々・匆々)」で、十分に意を尽くしていないことを表す。
その他、前文を省略した手紙に用いる頭語には「冠省」「略啓」、結語には「不一」「不二」「不備」「不尽」がある。

「拝啓」「謹啓」「前略」などの他に、返信や緊急、再信の手紙に使う頭語もある。
一般的な返信では、頭語に「拝復」「復啓」「敬復」、結語に「敬具」「拝答」「敬答」。
丁寧な返信では、頭語に「謹復」、結語に「謹言」 「謹答」。
急ぎの手紙では、頭語に「急啓」「急呈」「急白」、結語に「草々(早々・匆々)」「不一」「不尽」「敬具」。
相手の返事が届かないうちに出す再信の手紙では、頭語に「再啓」「再呈」「追啓」、結語に「敬具」「拝具」「再拝」などを用いる。

また、女性が用いる結語には、「かしこ」「あらあらかしこ」「めでたくかしこ」「あなかしこ」などがある。

関連記事

  1. 知識と知恵と見識を備えた学者の画像
    知識は、ある物事について知っていること。また、その内容。 学習や実験から得られた、誰もが事実として…
  2. 長崎原爆のキノコ雲画像
    人類史上、実戦で核兵器が使用されたのは、1945年8月6日に広島へ投下された原子爆弾(以下、「原爆」…
  3. ドラゴンボートの画像
    共同と協同と協働は、複数の人や団体が事にあたるという意味で共通し、どの表記を用いても良い場合もあるが…
  1. 猿が温泉に浸かる画像
    地下水が自然に地表に湧き出ているところや、その湧き出た水を「泉」という。 泉の中でも水温が高いもの…
  2. 日本の硬貨の画像
    現在、日本で通常発行されている硬貨は、1円、5円、10円、50円、100円、500円の6種類ある。 …
  3. 食べ放題の画像
    コース料理とは異なり、並んだ料理から好きなものを取って食べる形式・食べ放題のことを、「ビュッフェ(ス…
  4. 懲役を科せられた人の画像
    懲役・禁錮(禁固)・拘留は、受刑者の身体を刑事施設に拘置する自由刑にあたる。 懲役は、金属製品…
  5. ゴルフ場の画像
    ゴルフ場の名称に付く「ゴルフクラブ(GC)」と「カントリークラブ(CC)」には明確な違いがあるが、ア…
ページ上部へ戻る