「対象」と「対照」「対称」の違い

対称的のようで対照的な人を対象にした画像

対象と対照と対称の使い分けは、英語にすると分かりやすい。

対象とは、行為が向けられる目標や相手のこと。
英語では、「オブジェクト(object)」。
「調査対象」「批判の対象」「恋愛対象」などと使う。

対照とは、他と照らし合わせて比べること。性質の異なるものの違いがきわだつこと。
英語では、「コントラスト(contrast)」。
「比較対照」「AとBを対照する」などと使う。

対称とは、互いに調和を保って釣り合うこと。向き合う二つの点・線・面などが釣り合う位置関係にあること。
英語では、「シンメトリー(symmetry)」。
「左右対称」「対称図形」「点対称」などと使う。

対象は、一つの相手、複数でも一括りとなる相手に関することをいい、対照や対称と異なる。
対照と対称は、二つのものをいうが、対照は「比較」、対称は「釣り合う」ことなので、意味は全く異なり、「対照的」といえば、違いがはっきりしたさま。「対称的」といえば、形や配列などが全く同じさまをいう。
「対象的」という言葉はないが、若者言葉の「的な」の意味であれば使われる可能性はある。
「たいしょうてき」には「対症的」と書く言葉もあり、それぞれの症状に対応する処置をするさまをいう。

対象と対称は、名詞として使うのみだが、対照は「対照する」という形で動詞としても使えるといった違いもある。

対象・対照・対称・対症の他にも、「たいしょう」と読む漢字は多く、大正・大匠・大将・大笑・大勝・大賞・大祥・大捷・大詔・大檣・太衝・体性・対償・待詔・胎生・隊商などがある。

関連記事

  1. X JAPANライブ画像
    「コンサート(CONCERT)」と「ライブ(LIVE)」と「ギグ(GIG)」に明確な境界線はない。 …
  2. 野菜と果物の画像
    キュウリは野菜として扱われ、同じウリ科でもスイカやメロンは果物として扱われるように、野菜と果物は学術…
  3. 出掛ける準備をする画像
    物事をする前に、あらかじめ整えておくという意味では、準備と用意と支度の三語とも使うが、整えておく範囲…
  1. ツナ缶の画像
    ツナは、一般に、ビンナガマグロやキハダマグロ、カツオなどの油漬けや水煮の缶詰を指す。 シーチキンは…
  2. マナティーの画像
    海牛目(かいぎゅうもく)もしくはジュゴン目に分類される海生哺乳動物は、ジュゴン科とマナティー科の2科…
  3. 富士山とうろこ雲の画像
    秋の空に見られる、ひつじ雲、うろこ雲、いわし雲。 それぞれ、ヒツジに似ていたり、魚の鱗のように見え…
  4. ヒョウモントカゲモドキの画像
    イモリは、カエルやサンショウウオなどと同じ両生類で、おもに水中を中心に生息し、陸上生活も行う。 前…
  5. オレンジの画像
    オレンジを大きく分けると、スイートオレンジ、サワーオレンジ、マンダリンオレンジに分類され、日本で単に…
ページ上部へ戻る