「夫婦」と「夫妻」の違い

おしどり夫婦の画像

夫婦も夫妻も、夫と妻、婚姻関係にある男女のことで、意味に違いはないが使い方に違いがある。

夫婦は自分たちにも他人にも使うが、夫妻は他人に対してのみ使う。
そのため、「私たち夫婦」とは言うが、「私たち夫妻」とは言わない。

他人に対しては夫婦も夫妻も使えるが、夫妻は夫婦よりも改まった言い方であるため、上司や先生など敬意を払わなければいけない相手には、「〇〇(ご)夫妻」と「夫妻」を使ったほうがよい。

「夫婦喧嘩」を「夫妻喧嘩」、「夫婦別姓」を「夫妻別姓」、「仮面夫婦」を「仮面夫妻」、「似た者夫婦」を「似た者夫妻」などと言わないように、他の単語と合わさってひとつの名詞となっている言葉の場合は、敬意を払う必要のある相手のことであっても「夫妻」は使わない。

「弟夫婦」など親族、「友達夫婦」など対等な相手、「犯人夫婦」など敬意を払う必要がない相手には、「夫婦」を用いるのが一般的である。
ただし、対等な相手であっても、普段から上品な言葉を使っている場合や、相手と一線を引いた関係にある場合などは「夫妻」が使われる。

その他、「夫婦というものは」というように、一般論として婚姻関係にある男女のことを話す場合は、「夫妻」ではなく「夫婦」が使われる。

関連記事

  1. 意志を貫く石の画像
    意思も意志も、ドイツ語で「~したい」を意味する助動詞「whollen」を名詞化した「wille」の訳…
  2. 開放感を味わう画像
    開放は、「窓を開放する」「校庭を開放する」など、門戸や窓などを開け放すこと。「開放経済」など、制限を…
  3. 考えるゴリラの画像
    「問題の答えを考える」とは言っても「問題の答えを思う」とは言わないように、考えるは筋道を立てて知的に…
  4. ジッパーの画像
    「ファスナー」も「ジッパー」も「チャック」も全て同じ物を指し、違うのはその呼称が使用される国と起源で…
  5. カリスマ理容師のいる床屋の画像
    床屋は男性が行くところでシャンプーは前かがみ、美容室は女性が行くところでシャンプーは仰向けといったイ…
  1. 青森ねぶたの画像
    ねぶたは青森市で、ねぷたは弘前市と言われることがある。 ねぶたで有名なのが青森市の「青森ねぶた」、…
  2. 図書館の辞典画像
    事典や字典を含めた総称として「辞典」や「辞書」と呼ぶ場合もあるが、「辞」「事」「字」のそれぞれの文字…
  3. 容疑者逮捕の瞬間画像
    ニュースなどの報道では、警察から犯罪の疑いをかけられた人を「容疑者」という。 これを司法手続きや法…
  4. フランベで顔まで焼く画像
    本来、焼くは火を食品に直接当てて加熱することを意味した。 最も原始的な加熱調理法であるため、火を通…
  5. トラック集団の画像
    トラックは、貨物自動車全般を指し、荷台がフラットになった「平ボディ」、荷台がアルミ製の箱型になった「…
ページ上部へ戻る