「回復」と「快復」の違い

快復した人の画像

回復とは、悪い状態になったものが、元の状態になること。一度失ったものを取り戻すこと。
悪い状態から元の状態に戻る意味では、「景気回復」「健康が回復する」「疲労回復」など。
失ったものを取り戻す意味では、「信用を回復する」「名誉を回復する」などと使う。
「恢復」の表記もあるが、常用漢字外表記であるため、あまり使われない。

快復とは、病気が治ること。
「傷が快復する」「病気が快復する」などと使う。

病気が治る意味では、回復も快復も使え、それ以外の意味では回復しか使えないという違いがあるが、病気が治る意味の中でも、回復と快復には使い分けがある。

快復の「快」の字は、「こころよい」という意味。
病気に対して使われる時は、「病気の元が取れて気持ちがよい」という意味から、快復には「完全に治る」というニュアンスが含まれている。
全快、快癒、快気祝いの快気などは、「完全に治る」という意味である。
「少しでも”かいふく”してくれれば」という場合に「快復」と書くと、「少しでも完全に治ってくれれば」という変な意味になってしまうため、「回復」を使うのが正しい。

また、病気の人に対して「”ごかいふく”をお祈り申し上げます」という場合は、「ご回復」よりも「ご快復」のほうが、「完全に治って欲しい」「良くなってさっぱりとして欲しい」という意味が含まれるため、「快復」を使ったほうがよい。

関連記事

  1. 革命の画像
    社内の座を奪うために起こる「社内クーデター」、状態が急激に発展・変動する意味で使われる「産業革命」や…
  2. 日本の古い郵便受け画像
    手紙を書く際、冒頭の挨拶として「拝啓」「謹啓」「前略」などの頭語を用い、頭語に対応した「敬具」「敬白…
  3. 仙台のコスプレ犬画像
    コスプレは、コスチュームプレイを略した和製英語で、漫画・アニメ・ゲームのキャラクターや、ビジュアル系…
  1. イヌワシの画像
    鷹(タカ)と鷲(ワシ)と鳶(トビ・トンビ)は、全てタカ目タカ科の鳥で、見分け方が難しい。 一般…
  2. 花の匂い画像
    臭いは「くさい」とも読むように、「ゴミの臭い」「下水の臭い」など、不快なものが対象。 「犯罪の臭い…
  3. たまごの画像
    卵も玉子も、共に「たまご」と読む。 使い分けに明確な基準はないが、一般的に、生物学上では「卵」と…
  4. 蔵王国定公園の画像
    国立公園は、日本の景勝地の中でも特に傑出した地として、指定された自然公園。 自然公園法に基づき、環…
  5. ひまわりの画像
    真夏と盛夏と盛暑は、夏の暑い盛りを表す言葉である。 最も一般的な表現で、日常会話でも使われるのが「…
ページ上部へ戻る