「効く」と「利く」の違い

OKする女性の画像

効くは、「効果」や「効能」の熟語があるように、「薬が効く」「宣伝が効く」など、効果や働きが現れることに使う。

利くは、それ以外の場合に使い、「鼻が利く」「気が利く」「機転が利く」「ブレーキが利く」など、十分に機能を発揮する、役立つという意味。
「融通が利く」「小回りが利く」など、可能である、できるという意味で使う。
また、「口を利く」の形で、「生意気な口を利く」「無駄口を利く」など物を言う意味や、「伯父の口利きで就職した」など世話をするという意味でも使われる。

わさび・甘味・辛味・酸味・出汁・パンチなどのように、効果とも機能ともとれるものの場合は、意味に合わせて「効く」と「利く」を使い分けるか、判断が難しい場合は、ひらがなで「きく」と書く。

意味に合わせて「利く」と「効く」を使い分ける際に注意をしたいのは、使えない場合があるということ。
「わさびを利かせる」や「パンチを利かせる」のように、利くであれば「働かせる」「機能を発揮させる」という意味の他動詞として使うことができる。
しかし、効くを他動詞として使おうとすると、「効果を現れさせる」という変な意味になる。
そのため、効くは「わさびが効いてる」や「パンチが効く」といった形の自動詞としてしか使えない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 高熱を出した子供の画像
    風邪は、鼻やのど、気管支など、呼吸器系の粘膜に炎症を起こす症状の総称。 主に、ウイルスの感染によっ…
  2. Uターンの画像
    元の場所や方向へ移動することを「帰る」「戻る」「引き返す」という。 帰るは、人・動物・乗り物が…
  3. 指切りの画像
    保証とは、「品質保証」「保証期間」「身元保証」など、責任を持って間違いないと請け合うこと。 また、…
  1. 日本の硬貨の画像
    現在、日本で通常発行されている硬貨は、1円、5円、10円、50円、100円、500円の6種類ある。 …
  2. 鳥の丸食べ画像
    焼き鳥は、鳥肉にタレや塩などをつけ、あぶり焼いたもの。 古くは、スズメやツグミなどを串に刺して丸焼…
  3. 夜の道頓堀画像
    関西は、関東に対して「逢坂の関(現在の滋賀県大津市)」から西を指す名称で、大阪府・京都府・兵庫県・滋…
  4. 迎春の画像
    年賀状の冒頭に用いられる賀詞には、「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」などがある。 その他にも…
  5. 木材の画像
    木材と材木は、切断して建築物や製品の材料に用いられる木を指し、置き換え可能な熟語である。 しかし、…
ページ上部へ戻る