「冷蔵」と「冷凍」「氷温」「チルド」「パーシャル」の違い

最新多機能冷蔵庫の画像

菌は10度以下で増殖が遅くなり、マイナス15度以下でほぼ繁殖しなくなるため、冷蔵庫は0~10度、冷凍庫はマイナス18度以下に設定されている。
しかし、冷蔵と冷凍だけでは、それぞれの食品に適した温度で保存できないため、最近の多機能冷蔵庫はチルドやパーシャルなど、更に細かな温度設定をし、食料品を最適な温度で保存できるようになっている。

冷凍室(冷凍庫)は前述の通り、マイナス18度以下で、冷凍食品や作り置きした惣菜などを長期保存できるスペースである。

パーシャルは「部分的」という意味で、「パーシャルフリージング(部分凍結・微凍結)」の略。
パーシャル室は、食品がわずかに凍る程度の約マイナス3度で、肉や魚などの鮮度を保ちながら保存できる。

「パーシャル=氷温」とされることも多いが、厳密には、パーシャルが微凍結の状態、氷温は凍り始める直前の状態である。
氷温室は約マイナス1度で、刺身やスライスした肉など、凍り過ぎると困るような食品の保存に適している(水分を多く含む食品の場合は凍ることもある)。
パーシャル室のみの冷蔵庫であれば、マイナス3~マイナス1度の設定になっていることも多い。

チルドは、「冷却された」という意味。
チルド室は、冷蔵よりも温度は低く、冷凍やパーシャルよりも高い、0度前後に設定され、ヨーグルトなどの乳製品や納豆などの発酵食品、ちくわなどの練り製品の保存に適している。

冷蔵室は約3~10度程度と温度の幅は広いが、保存する場所によって異なり、冷蔵室の中心となる棚の部分約3~5度、冷蔵室のドアポケットの部分は約6~10度で、調味料やドリンク、卵などはドアポケットに置くようになっている。

また、冷蔵室とは別に、野菜室が設けられている冷蔵庫も多い。
野菜は低温障害を起こしやすく、乾燥もしやすいため、野菜室は約3~7度、湿度90%程度で、みずみずしさが保たれる設定となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 富士山とうろこ雲の画像
    秋の空に見られる、ひつじ雲、うろこ雲、いわし雲。 それぞれ、ヒツジに似ていたり、魚の鱗のように見え…
  2. 複雑な生い立ちの画像
    生い立ちは、「壮絶な生い立ち」「不幸な生い立ち」「生い立ちムービー」など、どのように育ったかという、…
  3. 製品かつ商品の画像
    商品は、商売の品物の意味で、売るため品物・販売を目的とした品物のこと。 製品は、製造された品物の意…
  1. バターを塗る画像
    バターは、牛乳から分離したクリームを練り固めた食品で、動物性脂肪が主成分となっている。 マーガ…
  2. 緑茶と紅茶と烏龍茶の画像
    緑茶も紅茶も烏龍茶も、全てバキ科のチャノキ(学名:カメリアシネンシス)が原料であるが、茶葉を製法する…
  3. しらたきの画像
    紐のように細いこんにゃくには、「しらたき(白滝)」と「糸こんにゃく(糸蒟蒻)」の呼び名がある。 色…
  4. 若干を表す画像
    若干と弱冠は、いずれも「じゃっかん」と読むが、意味は全く違う。 若干は、「若干名」「若干の間違いが…
  5. 同棲中のカップル画像
    同居とは、同じ家に住むこと。 親族や恋人関係に限らず使う言葉だが、友達同士や他人同士が同じ家に住む…
ページ上部へ戻る