「元日」と「元旦」「正月」の違い

正月の画像

元日は、1年の最初の日で、1月1日のこと。
元旦は、元日の朝、元日のこと。
元旦の「旦」の字は、太陽が地平線から出るさまを表した漢字で、朝や夜明けを表すため、元旦は1月1日の朝のみを表すともいわれるが、1月1日(元日)も意味する。
しかし、元旦が元日の朝も意味することには変わりないため、1月1日の朝をいう場合は、「元旦の朝」とはいわず「元日の朝」というのが正しい。

年賀状は、1月1日の朝に届くよう出すのが礼儀であるため、日付は「元日」ではなく、ふつうは「元旦」と書く。
「〇〇年元旦」と年号を付けることは良いが、「一月元旦」と月を付けてしまうと、1月が重複するため間違いである。

正月は1月のことで、元日や元旦と異なり、1年の最初の月を表す。
ただし、元日から1月末日までの1カ月間を指して使われることは少なく、一般には正月を祝う期間を指す。
その期間は、大きく分けると三が日と松の内に分けられる。

三が日は、元日から3日間のこと。
国民の祝日は元日のみだが、官公庁や金融機関などは三が日を休日とし、一般企業もこれに準じていることが多い。
また、新年を迎えて世の中がお祭りムードになっている期間でもあるため、「正月休み」や「正月気分が抜けない」など、元日に近い意味での「正月」は、三が日のことをいう。

松の内は、正月の松飾りのある内の意味で、風習・行事としていう場合の「正月」は、松の内を指していることが多い。
昔は元日から15日までを「松の内」といったが、現在は7日までをいうのが一般的である。
ただし、地域の風習によって違いがあり、関西地方では15日(小正月)までが多く、一部地域では20日(二十日正月)までというところもある。

関連記事

  1. キャスケットの画像
    ハンチング帽は、英語で「hunting cap」。 猟銃などで用いたことから付いた名で、日本語では…
  2. 寝る・眠るカンガルーの画像
    寝るは眠りにつくことを意味し、寝るも眠るも「睡眠」を表す言葉であるが、「立ったまま寝てしまった」とい…
  3. 刺身の盛り合わせ画像
    刺身は、魚・貝・肉などを生のまま薄く切り、醤油やわさびなどをつけて食べる料理。 元々は、「切り身」…
  1. トリのステージ画像
    トリは、寄席で最後に出演する人をいう寄席用語。 語源は「取り」で、最後の演者がギャラをまとめて受け…
  2. 階段を上る画像
    「のぼる」の漢字には、「上る」と「登る」と「昇る」がある。 広く一般的に使われるのは「上る」で、「…
  3. 疑問から発見・発明する画像
    発見は、今まで世の中に知られていなかったものを見つけ出すこと。 発明は、今まで世の中になかったもの…
  4. 容疑者逮捕の瞬間画像
    ニュースなどの報道では、警察から犯罪の疑いをかけられた人を「容疑者」という。 これを司法手続きや法…
  5. スマホで支払精算する画像
    精算の「精」は、「精細」「精密」「精巧」などにも使われるように、「細かい」「詳しい」の意味があり、精…
ページ上部へ戻る